京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2016年08月14日

ご飯がメチャ旨い。

昨日のランチ折にお客様同士の会話から
ココのご飯がメチャ旨い。
(お米は、京都産の特別栽培米を使っています)

又、

年配の御婦人のお客様からは、

お肉が柔らかで、私でも食べられて
毎回、楽しみに来店しています。
(お肉は、極上のカイノミを使っています)


ご来店に感謝。・・・・・・・有難う御座いました。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:49Comments(0)お店の色々なお話

2016年08月11日

しぐれ煮が美味しかった。

昨日、ご来店たワインな好きなお客様は、
前回来店の折、しぐれ煮がワインのオードブル―によく合うと
薦められ、召し上がりました。




今日もオーダ頂きました。

お肉のコクと甘辛さがマッチしたしぐれ煮を
クラッカーにクリヘムチーズに載せて召し上がると
2品の味かミックスされて、ワインにとても良く合って
美味しいとですね。

赤ワインと一緒に召し上がられていました。

ご来店に感謝・・・・・有難う御座いました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:39Comments(0)お店の色々なお話

2016年08月03日

ワインハンバーグは初めて・・・・・。

先日、若い女性のお客様から、季節のメニユーとして
販売中のワインハンバーグとサラダのオーダを頂き
ました。

ワインハンバーグは今日が初めですが、
美味しですか・・・・?

★コクの有る赤ワインを煮詰めたソースが
ハンバーグの味を引き立たせていますので
美味しいと思いますよ・・・・・・説明させて頂きました。


ワインハンバーグは想像した以上よりも、
とても美味しかったです。





食前に赤ワインのカクテルも一緒にと
追加注文も頂きました。

カクテルも口当たりも良くて食欲が
すすみました。
・・・・・とお言葉も頂きました。

ご来店に感謝・・・有難う御座いました。






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 05:17Comments(0)お店の色々なお話

2016年07月29日

いつ食べてもおいしいです。

昨日、30代、の女性2名のお客様がご来店くださいました。

季節有機野菜スープとして冷製かぼちゃのスープと




牛肉の赤ぶどう酒とサラダのオーダーを頂きました。





お帰りの際に、いつ食べても美味しいね。
・・・・・とお褒めのお言葉を頂きました。

いつ来てもおいしいとこの味を持続させてゆくには
隠れた努力があって、初めておいしいと思える味になります。

例えば前回の水耕栽培のトマトでもそうですか、

確かに価格は、通常手前ともが仕入れるトマトより
割安ですが、いま一歩味の甘さが足りないので
このトマトに甘さが加味できれば使いたい。

玉ねぎでも佐賀さんの玉ねぎ全滅し、只今、それに伴い
淡路さんの玉ねぎも3割ヨリ4割も高くなっています。

それでも淡路産玉ねぎを仕入れて使うのは、
生で食べる玉ねぎは、他の産地の玉ねぎよりも
甘さが断然違います。

このようなことがおいしさにつがっていると思っています。

海賊風オムレツのソースにも淡路さんの玉ねぎの
自然な甘さが隠し味として役立つています。












  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:46Comments(0)お店の色々なお話

2016年07月19日

この美味しさがたまらなくて・・・・・。

昨日、30代アベックのお客様がご来店され、
女性のお客様から、ローストビーフのオーダを頂きました。

途中、お冷サービスの際にお料理の感想をお伺い
しますと・・・・・・・。

ココのお店のローストビーフは、今回で3回オーダしましましたが、

最初は、売り切れで今日で2回目です。


柔らかなお肉とうまみがたまらなく、美味しいですね
この美味しさにハマリました。


(牛1頭から2枚しか取れない、イチボ肉のうまみが
ローストビーフにすると、柔らかな゜うまみと美味しさに
なるのでしょうね)

ご来店に感謝・・・・・・・有難う御座いました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:34Comments(0)お店の色々なお話

2016年07月15日

お母さんが大好きなお店

お母さんが大好きなお店へお友達ときました。

お母さんに連れられてよく来ていましたが、
今日は、高槻に住んでいる、お友達と
一緒に来ました。

お冷サービス、際にいつもお客様に感想を
お伺いします。

本当においしくて大満足、また来ます。


お母さんが1代目そうして、貴女で2代目ですね、

当店には、4代目の方も多くご来店されておられます。

後ともよろしくお願いします。

ご来店に・・・・感謝。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:16Comments(0)お店の色々なお話

2016年07月14日

ワインハンバーグは美味しかったよ。

先日、ワインハンバーグをオーダされた
年配の女性のお客様がパンかライスの
オーダーを迷っておられました。

パンをオーダーされて、ワインハンバーグの
ソースも美味しいく調理していますから、

最後に残ったソースをパンにつけながら
お召し上がり頂ければと

・・・・・・・・アドバイス致しました。

最後のお冷サービスの際には

ワインハンバーグはハンバーグは勿論ソースも美味しかったよ

お皿にはソースもきれいに残っていませんでした。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:42Comments(0)お店の色々なお話

2016年07月13日

山本農園さんの水耕トマトを視察に行く・・その4

先日、視察に行った際に、当店が使う際の試食用にトマトを
送っていたたければと、お願いして帰ってまいりました。

昨日、届き、営業終了後に幹部の皆さんに集まって頂き、
現在、当店がお客様に提供しています。

トマトと味の比較を試食させて頂きました。




味の総評で山本農園さんのトマトは、果肉もしっかりと肉厚も
申し分なくて見た目もしっかりとしていました。

1つ難点は、現在、当店のトマトよりも甘みが少し少ない
ように思えました。

農園さんに打診すると・・・・・・・・・・
山本農園さんの現在栽培されている、品種の特徴でも
有るそうです。


( 将来的には、品種を変える事で糖度か上がることが
可能で、その際にもう一度試食し検討したい、旨をお伝えしました  )











  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:36Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年07月10日

山本農園さんの水耕トマトを視察に行く・・その3

トマトの葉にあたる光合成と室内の炭酸ガス含有量で
トマトに与える栄養液量をパソコンに入力させて、

それをスマホで管理し、遠隔操作で作動している
そうです。
まさにトマ育成工場です。
(写真右隅には、トマトへの栄養液を管理する器械)




工場西側の壁面には、縦型の茶色した、蛇腹状
特殊な紙できたところに、室温が上がると水か
流れて冷風が流れ;出ます。

(写真、山本社長さんがこの原理をご説明して頂きました)




この冷風を工場東側の壁面には、巨大な
羽根で内部の空気を吐き出すと西から
冷たい冷気が室内に流れて室温を30度まで
下がるように設計されています。



横壁と室内全体には、特殊なフイルムが
貼られており、外気からの光がトマトの
葉の裏にまでふあたるように設計されています。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:10Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年07月09日

山本農園さんの水耕トマトを視察に行く・・その2

水耕栽培の苗木は、このような石綿で作られた
苗床で苗木を植え付けられています。
石綿苗床の用済み終物は、今度は畑に土壌剤
として使い地域の農家にも喜んで頂いています。




現在、昨年の秋以水耕栽培されている、トマトは
現在6段位ですが、将来的には28段ぐらいまで
各段にトマトの実ができるそうです。

1日の収穫数量が現在、300ケースですが
飛躍的に生産量が増えるそうです



そうすると飛躍的に生産高が伸び、価格もさらに
安く提供できるそうです。
収穫する際の高いところは、電動台車で収穫します。
足のところにペダルがあり前後動かします。




トマトの収穫は台車を使い、極力体力負担を少なくして
女性でも出来るように工夫しています。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:23Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年07月09日

山本農園さんの水耕トマトを視察に行く・・その1

福井県小浜で水耕栽培で年間通じてトマトマが栽培されていると聞いて、
年間通じて価格が安定的に仕入れることできると思い、視察に行って
まいりました。



先日、山本農園さんに視察に行ってまいりました。
まるでトマトの畑ではなくて、巨大なトマトハウスが5棟も
建っていました。




丁度、9月より収穫予定のトマトを植え付ける棟内です。




秋から収穫予定のトマト苗木が、ちょうど届いたところです。
苗木が5000本ありこれを、2棟に分けて明日より、2日間で
植え付けるそうです。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:29Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年07月06日

冷製有機カボチャスープが始まりました。

毎年この時期になると伏見店では有機契約農家へかぼちゃの
引き取りに行き、冷製カボチャスープが始まります。






今年は、有機契約農家の方が梅雨の時期による
長雨で例年は、カボチャを腐ることが多いので、
今年に限り早めに収穫されました。

例年よりその分糖度が若干落ちますがスープとしては
申し分のない味に仕上がりました。

冷製カボチャスープが始まると祇園祭も始まり、
夏の季節行事が伏見店では、スタートします。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 06:56Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年07月05日

今が旬の鯵を釣る方法め・・その2

釣が大好きな私には、釣ることは勿論ですが、
その釣りあげた魚を食べることの幸せは、
何事かえられない至上の楽しみでもある。

今が旬の鯵は煮つけよりも塩焼きのほうが
焼くと鯵の脂が表面を覆ってくれています。
因って
焼き上がりのぱさつく感がなくて通常季節の
鯵よりもとてもおいしいです。


今が旬の鯵を釣る方法め・・その2

1.釣り仕掛けは、サビキを使い針は
6本仕掛けよりも4本のが使いやすいので
おおすすめです。

2.サビキ仕掛けの擬餌針にさらに刺しエサの
Mサイズのオキアミを付けるほうが断然食いが良い。

3.釣り竿は2~3mの短めの竿で穂先は柔らなを
ほうが鰺が連れた際にに口が破けて脱落しない。

又、
穂先の柔らなほうが魚信がと知りやすく、釣果に
繋がる。

4.重りは10号ぐらいを使わないと潮の流れに流されます。









  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:04Comments(0)釣りの面白さ

2016年07月03日

美味しさの余りハマリました。

昨日、ご家族連れのお客様のお母さんは、ローストビーフを
お召し上がりにられました。

いつもセレクトセットの中でビーフサラダをチョイスし、
ビーフサラダがおいしいので、今日は、思い切って
ローストビーフをオーダします。




途中のお冷サービスの際に、感想をお伺いしますと・・・・・・。


美味しさの余りハマリました。
次回もこのメニューに決めました。


おいしさの秘密は、牛1頭から2枚しか取れない、
イチボ肉の余分な脂を削り落とし、手間暇かけて
焼き上げるから美味しくなるのでしょうね。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:00Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年07月02日

めちゃくちゃに美味しい。


昨日、閉店間際にご来店された、20代後半の男性は、
牛肉の赤ぶどう酒をオーダされました。


その際、このソースは、とても美味しいので最後の
ソースは、ご飯と絡めながら召し上がると大変美味
しく食べられますよ。

・・・・・・・アドバイスを申し上げておきました。

お冷サービスの際に・・・・・
牛肉の赤ぶどう酒めちゃくちゃに美味しいかったです。
また、来ます。

お皿を観るとそれはそれは、一滴の残ったソースも
なくそれは・・・それは、綺麗にお召し上がりになられていました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:06Comments(0)お店の色々なお話

2016年07月01日

今が、旬の鯵を釣る方法・・その1

夏前の脂が乗った今が、旬の鯵を釣りに




先日、福井県小浜の泊りのイカダへ出かけました。
水深10メートル前後あり、つり上げまでの魚との駆け引きも
出来て手ごろな深さで面白いです。





エサ籠は、船頭さんから借りた、大きめのかごに
まき餌かごの扉を3/1位開いてまき餌を詰めた
方法が特によくつれました。


小さなかごは水深が有るので海底に届くまで
まき餌がなくなるので鯵があまり、釣れませんでした。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:06Comments(0)釣りの面白さ

2016年06月28日

又、一つ新しいバーグが出来ました。

7月3日より、伏見店の新風創作料理が登場します。

★手作りハンバーグ
夏野菜のラタトゥイユ添えとサラダ・・¥1230
赤ワインベースのソースでお召し上がりください 

今回は、洋食店ならではの赤ワインを煮詰めた
ソースで少しコクの有る味のソースができました。


今のハンバーグも肉汁が出るほど旨いのが、
赤ワインソースで更に美味しいくなりました。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:32Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月26日

一粒ごと丁寧に召し上がる。

昨日、ご家族連れの沖火薬様はランチを召し上がりに
ご来店されました。

小学生高学年のお子様は、最後のライスがお皿に残っている
米粒を゜一粒ごと丁寧に召し上がられていました。

最後のお冷サービスの際に感想をお伺いすると、


ご飯も美味しかった。

(料理冥利に尽きます。・・・・・・・・有難う)

・・・・・・・・・・・・・・ご来店に感謝。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:32Comments(0)お食事へのマナー編

2016年06月26日

有機無添加 はつさくジャム作り・・その2

鍋の中へ、はつさくの実と砂糖を入れて火にかけます。
沸騰してくると泡が出て来ます。




これを綺麗に取り除きながら、煮詰めてゆきます。

その際に軽く鍋のそこから手ベラでかきまわしていきます。






仕上がり加減は、はっさく実がジャム状態になってくるとジャムの色は、
琥珀色に染まります。
又は、
同時に手ベラに絡みつくような感じになれば、出来上がりです。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:14Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月24日

無添加有機 はっさくのジャムを作る・・ その1。

京都久御山で有機肥料で はっさくを栽培されている農家より
はっさくでジャムを作ってみては・・・・との要請に応えてみました。

はっさくの外側皮をむきます。




昨日、現地の畑を視察にいきました。
早くもはつさくの木には、この冬に収穫出来る、
小さな八朔の果実が出来ていました。




はっさくの実と砂糖のみで無添加ジャムを
作ります。

 
出来る限り素材の味を大切に考えて敢えて、
防腐剤 、添加剤などを入れずに作ります。

少ししでも身体によいものを召し上がって
欲しいその思いをジャムに詰めています。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:44Comments(0)一皿に賭ける想い