京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2008年02月27日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第13歩

伏見店を快適な食事空間への改装工事も終盤を迎えてまいりました。
3月1日オープンへ向けて今日の夕方から手隙のスタッフが店内の清掃などを開始します。
サンチョ伏見店はコチラへ


お客様が快適に食事できるようにと今回の改装では特にこの点を重点適にスタッフの意見と無お客様の意見を取り入れ、改装を工事を進めきました。
例えば調味料の入れ物でもこのようにお店のイメージマッチしたものにしては、このスタッフの意見を取り入れた、結果このように温かみの有る調味受け皿になりました。
№1.店内への快適な食事空間との調和がとけれた調味料セット。


№2. この受け皿を工務店さんの皆さんが、店内の腰板壁材のスギ板を利用して温かみの有る、世界に一つしかない手作りの受け皿を作ってくださいました。





№.3 店内に設置する食器収納箱の特別サイズになり、結果大工さんのオリジナル家具製作になり、書面壁面には、店内の腰板とな同じ板を張り付けて、店内の風景にマッチするように工夫した、まったく手作りの家具です。
  このように店内の風景に同化さす工夫で・・・・快適な食事空間となるような家具です。



№.4店頭のサンプルケース用のドアも、今回の改装で渋いグリーン系のペンキを塗りヨーロッパーのハウスでよく見かける、出窓をイメージにして塗装を変えて見ました・・・・・・・・・快適な食事空間へのイメージとして又、当店のサラダの店への統一制にもつながると思っています。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:14Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月26日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第12歩

只今、サンチョ伏見店も快適な食事空間にするための改装工事は終盤になってきました。
工事も工程通り順調に仕上がってきています。
 ★★ 改装オープンは 3月1日〔土曜日〕です。・・・・・・・・・皆様のご来店をスタッフ一度お待ちしています ★★

3月1日~2日間 ビールとグラスワインは、改装記念半額にてサービスします。

快適な食事空間にする為には、様々な工夫とそれに伴う改装工事か必要です。
№1.例えば以前のサンプルケースの奥行きを約半分の奥行きに縮小し又、入り口の大テーブルを横の寸法を10cmずつつ縮小したところ、お待ち席の前通路幅とテーブル席との空間が一気に広くなり、快適な食事空間への待合席となりました。


№.2 待合席横の空間横の棚には、お子様用〔写真〕厚手のクッション収容するスペースとその棚上段には、雑誌と新聞スペースも作りました。・・・・・・・厚手の椅子クッションでテーブル席についてもお子様には、快適な食事空間としてご利用できます。


№3.以前暖炉のあった正面スペースには、暖炉を撤去してワインの飾り棚を壁面に設けて、前面には、ケーキ用冷蔵ショーケースを設置して、快適な食事空間での自家製ケーキで、食後の談笑にひと花を添えます。



№4自家製.ケーキも色々ありますが、参考例として・・・・・アーモンドをベースにブラムを混ぜ込んだ自家製ケーキで食後のデザートで美味しい食事空間へと変貌させます。


伏見店への詳しいメニューはコチラへ

http://www.sancho.co.jp/owner/06fumenu/06fusimetanmenu.html








  続きを読む


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:47Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月25日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第11歩

只今、 伏見店は改装工事中で最終段階の期間に突入しています。

3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます


店内を快適な食事空間にする為には、色々と目に見えない工夫とその工事が必要です。
№、1.トイレのドアを一つでも手作り感で温もりが有るドアを大工の棟梁が手作りで作ってくれています。
  ドアとトイレとの一体感のある、温もりのが漂うトイレへと変貌します・・・・・・快適な食事空間としての役割を果たします。


№2.、寸法を取り微調整制しながら、ドアを作成してゆき、観ていても楽しいです。・・・・・・・・プロの技か添えます。

サンチョ伏見店への詳しくはコチラへ

№3.改装工事も終盤となると予約室の腰板にも木肌を残した塗装を残して、ペンキ職人さんの技で完成させて行きます。


№.4 奥のテーブル席でベンチシートのところも、木肌の感触が残る塗装で温かみのある部屋へと変わり、ましたる
   快適な食事空間へが又一つ増えました。

サンチョ伏見店の詳しい情報はコチラへ

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:44Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月23日

サンチヨ伏見店を快適な食事空間へ第11歩

只今、サンチョ伏見店は、快適な食事空間へ変貌する為の改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。

3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます

店内を快適な食事空間にする為には、色々と目に見えない工夫とその工事が必要です。

№1.・・・・・店内奥向かって右側のベンチシート
例えば店内奥の空間を以前は椅子を置いていましたが、お子様がご来店された折の満席状態の際には、お子様の椅子用椅子を持ちするのに大変苦労しました。


№.2・・・・・・店内奥左側のベンチシート
今回の改装で壁際をベンチシートすることで、お子様用〔厚手のクッションの一人用〕座布団をお持ちすると事で比較的に楽になり、接客もームーズに対応する事が可能となります・・・・・・・ベンチシートなのでそれも可能になり、お子様にとっても快適な食事空間となります。



№3. 入り口の大テーブルも以前は、テーブルの足が座る際に、とても邪魔になる位置にありました。
今回の改装でテーブルの足全体をテーブルの中央よりにつくり替えて頂きました。
テーブルを壊さずに足を作り替える・・・・・・・大工さんのプロとしての技か光ます。


№4 以前座る際に、テーブル受け太い太いところの邪魔な部分を切り取りる事で、.とてもスムーズにすわれ、快適な食事の大テーブールが完成しました。
・・・・・・・・・・・・・・・食事する際に、とても快適なテーブル席空間として変貌しました。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 14:19Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月22日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第10歩

只今、サンチョ伏見店は、快適な食事空間へ変貌する為の改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。

3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます

店内を快適な食事空間にする為には、色々と工夫とその工事が必要です。
例えば、トイレも洋式にて快適な場に変貌させる為の改装工事をします。

№1.綺麗にタイルが張り詰められて、以前のトイレとは、格段に比較出来ない程、綺麗で快適な空間にて変貌してゆきます。
又、出窓を設けてトイレ空間を少しでも広くん感じられるように工夫をしました。



№2.タイルはこのような〔15cm角の大判サイズ〕を使って壁全体が広く感じられるようにタイルの大きさで工夫をしました



№3.タイル貼るには、プロの左官職人の技かさえており、見学していますと、とても滑らかな動きで無駄な動作が見当たりません、次々と綺麗にタイル壁が出来上がってゆきます。

トイレも伏見店が快適な食事空間への変貌の一つとしての位置づけをクリア出来ました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:53Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月21日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第9歩

只今、サンチョ伏見店は、快適な食事空間へ変貌する為の改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。

3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます

・・・・・・・・皆様のご来店をスタッフ一度心よりお待ちしています。

お客様が快適な食事して頂くには、お店では様々な工夫とそれに伴う工事が必要です。№1.店内に新しい外気からの空気を入れて、汚れてきた空気を排気するこの空気の流れが、以前の店内では出来ていませんでした。
 今回の改装で吸気口〔写真右の丸い穴〕を設置してこの問題を解決し。・・・・・快適な食事空間へ変貌します。


№2.以前は、夏のラッシュ時に電気の容量がオーバして時折ブレーカが落ちても停電する時がありましたが、この問題を解決する為に、今回は電気容量の増設を電力会社に申請し、増設ケーブル〔写真の電気配線〕を引き込んで頂きました。

電気容量の増設で調理機器の導入等で料理のスピードアップと創作料理が多く可能なメニューが出来るでしょう。、
・・・・・・今から楽しみにしています。


№.3 創業32年以来調理場のマンホールも今回で2回の修理となり、水圧でマンホールのコンクリートの壁がかなり、傷んでいましたので、今回の改装を期に壁を修復〔写真は、マンホールの修繕〕しました。

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:46Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月20日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第8歩

只今、サンチョ伏見店は、快適な食事空間へ変貌する為の改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。
3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます
・・・・・・・・皆様のご来店をスタッフ一度心よりお待ちしています。

予約室を更に快適なパーティー室に変貌さすための工事は、プロの大工さんの技か光ります

伏見店へのパーティ予約案内はコチラ

№1. いつも予約室の床から80cm前後がお客様の出入りと椅子の移動等で、汚れと壁紙が破れたりして、大変見苦し苦なります。



№.2 これを解消するためにも板壁を張り付けることでこれらの悩みを解消することしました。



№ 3 手際よいプロの大工さんの仕事ぶりは,観ていてもとても気持ちが良いものですね。
このように次々と板壁を張り付けることで、上記の悩みも解消出来、以前よりも更に快適な食事空間となります。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:05Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月18日

サンチヨ伏見店を快適な食事空間へ第7歩

只今、サンチョ伏見店は、快適な食事空間へ変貌する為の改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。
3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます
・・・・・・・・皆様のご来店をスタッフ一度心よりお待ちしています


●サンチョ伏見店への詳しいご案内はこぢらへ
お店を快適な食事空間するには、色々と工夫とそれに沿った工事か必要です。

例えば店内に外気からの隙間風を遮断すると、とても快適な食事空間に変貌します
№1.店内壁面に断熱材を入れるために棒状の板を張りつけます


№2 このような断熱材〔厚さ5cm前後〕を使い、外壁と店内に張る板壁と間に入れて隙間を風の進入を塞ぎ、店内の保温効果を数段と高めます


№3 .さすがにプロの大工さん手際よく板壁に貼り付けてます。



№4.店内の板壁が完成しましたが、実はこの板壁の裏には、上記の断熱材が張り付けてあり、以前の寒い室内とは比較にならな程、快適な食事空間に変貌しました。 


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 20:06Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月17日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ 第6歩

只今、サンチョ伏見店は、快適な食事空間へ変貌さす為の改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。
3月1日土曜日午前11時30分オープンさせて戴きます・・・・・・・・皆様ご来店を心よりお待ちしています。

●サンチョ伏見店は、下記に地図を掲載


快適な食事空間へ変貌工事には。お客様からは観ても中々見えにくい部分で様々な工夫と工事か必要です。
例えば・・・・快適なトイレへの変貌工事
№1 .以前よりも天井を20cm高くして頂きこの工事でトイレ空間の圧迫か随分軽減されます、この工事でとてもトイレが広く感じられ・・・・・快適なトイレ空間となります。



№2. 以前のトイレは、排気ダクトが15mとても長くて、排気がスームズに流れなくてとても不快感がありましたが、今回の工事で排気ダクトを壁から直接外に流す、この工事で直ぐに不快感の排気が出来、快適なトイレ空間となります。


№3. トイレの排気とともに重要なのは、排気するについて新しい空気を取り入れる必要ががあり、その吸気口を以前の排気ダクトを代用してこの問題を解決して、快適なトイレ空間になります。



№4.以前のトイレ壁よりも建物外壁との間が20cm空間がありましたので、この空間を利用して飾棚としての活用工事をすること
でトイレ空間の目線がとても広く感じられ、快適なトイレ空間に変貌します。



  続きを読む


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:15Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月15日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第5歩

只今サンチョ伏見店は改装工事中〔2月13日~2月29日迄〕です。
3月1日土曜日午前11時30分オープンします

★お店に取ってお客様が快適に食事出来る様に色々と目に見えない工夫と工事か必要です。


例えば・・・・・・・隙間風を店内に入れない工夫


特に今回の伏見店では、入り口周りの壁が老築化により隙間が出来て来ており、その隙間からの外気が入り込み、店内へ寒い風が噴出して来ます。



入り口周りの壁の拡大写真でもこのように壁板と土壁との間に隙間がかなり目立ちます。


この隙間風防止方法としては、壁板との間に断熱材〔写真ま右の白い部分〕を敷き詰めて、風が入り込むの塞ぎ、その上から表面に壁板〔焼いた杉板〕を張り付けて完成〔写真の左上、壁板のように〕させます。

この工事により店内への冷たい風かを遮断し、快適な食事空間へと伏見店を変貌させます。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 18:21Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月13日

伏見店快適な食事空間第4歩へ

伏見店を快適な食事空間するための改装工事が゜本日〔2月13日より2が29まで改装工事〕から始まります。
3月1日の伏見店オープンに再開に向けての店内改装のための突貫工事です。


改装前の伏見店奥のお部屋の風景。



昨日、改装までの最終日にご来店くださいました、お客様がお友達との食事と会話を談笑されていました。


店内奥のお客様がお帰りなったときのテーブル席の風景。


中央に陣取っています暖炉も心なしか寂しそう面影を店内に投げかけていました。


工事も始まり、暖炉もこのような無残な瓦礫の山となってゆきます。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 16:06Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月11日

サンチョ伏見店を快適な食事空間へ第3歩

サンチョの伏見店改装に関する、お客様要望が多い中での和式トイレを洋式に変えて欲しい、出来ればウオシューレット〔スタッフの要望〕もあれば最高です。・・・・・・この要望を極力取り入れてのトイレを改装します。
サンチョ伏見店はコチラ



TOTOやINXSの展示場て実際の現物〔床材と壁のタイルと便座及び手洗いなど〕を観ての決めました
壁の色合いとタイルは20cm角のサイズで少し大きめの柔らかに薄いピンク色


TOTOのウオシューレットつきですと価格が相当高くなりますが、この先の10年後の改装まで日本の人口構成を観ると高齢者が多くなること考量してこの装置つきに決定しました。
〔只、故障すると修理費が高く付く様で、この点はそのときに検討する事にします〕


この便器中の構造で今後の清掃等で手入れがし易い構造の便器を選んで、今後スタッフの清掃と手入れがよく行き届く形式のスタイルを選び、お客様が常に綺麗な状態でトイレをご利用できればとても嬉しいです。


手洗いの部分も便器と同系色合いですが、白よりやや薄いクリーム系の色合いで落ち着いた雰囲気のトイレの景観にあわしました。
完成予想画面






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:29Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月08日

伏見店を快適な食事空間へ №2

伏見店を3月1日にオープンするその際に、奥のテーブルをかなり傷かあり、相当疲れていたので、この際に引退して頂き、新規のテーブルとして入れ替えます。


その際には全てのテーブル席を〔幅70cm奥行き65cm〕にしする、本来なら奥行きも75cmは欲しいのですが、奥行きがこれでは、ホールスタッフの料理を運ぶ際に、少し通路幅が狭くなるので、あえて65cmの奥行きとしました。


テーブルの天板には、天然のゴムの木を使った集成材〔このように天然木を張り合わせて作った天板〕のほうが長年使っていくにするには、一枚ですと変形やゆがみが出てきますが、集成材ですとこの現象が少なくて、テーブルの天板には適している。



又、厚さも3cm5mmとかなり肉厚の板を天板に使うのでお店の風格ととてもマッチすると思うので、設計士さんが探してくれました、
とてもテーブルの板にするには、気に入った天板になりそうでこれにすこし色合いをニス塗れ場、より落ち着きいた、色合いとなりその上風格ある、テーブルが出来そうです。
なんといっても自然の木の風合いには、当店のサラダ料理にはこの風合いは、ピッタリですよ。
お客様はもちろんですが、私は今からこのテーブルでお食事をするのを心まちに楽しみにしています。  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:47Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2008年02月06日

伏見店を快適な食事空間への一歩№1.

伏見店を2月13日~29日まで改装するために休業させて頂き、3月1日オープンに向けて只今準備しています。
〔只今、河原町店、伏見店では、ご来店のお客様には3月1日より伏見店有効のみご利用可能な改装オープン、お食事券10%割引券を配布しています〕


今回の改装では、今まで店内にに設置していました、お客様からのアンケートによ寄せられたご意見と、スタッフの要望とを極力取り入れてお客様が伏見店で快適な食事空間になるように改装します。
これら改装の主なポイン順次報告します・・・・・・・・・お楽しみにご覧ください。

№1.店内一番奥の壁際からの隙間風が入り込みこの奥の席がとても寒いとのご指摘があります、今年のこの寒さで余計にお客様にご迷惑をおかけしています、今暫くご辛抱ください。

この解決策としてこのような杉板〔本来は床材として使う〕を腰板壁として一面に張り、従来の壁板との間に断熱ウレタンを張り隙間風を遮断し、その上にこの杉板を張り付けます。



この杉板は突起の板とヘコミの窪がある杉板とのジョイントで木の湿気などによる収縮でもこの凹凸での間隔で隙間風が入り込めない構造で完全に隙間が風が遮断されます。


このような杉板天然木材で腰板張りで自然な趣の有る、雰囲気で更に当店のポリーシの自然な流れの中での食事か出来るので色々な素材からこれに決めました。
  続きを読む


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:31Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ