京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2009年08月31日

無添加有機ぶどうジャム完成 迄その4 サンチョ

有機栽培農法でぶどうを栽培しいている、京都 山科歓修寺近くのはいから園のぶどう種類中でも上質と言われていいます。
ピオーネを使い、添加物(防腐剤・増粘剤・着色剤・)を使わずに作ります。

何故i添加有機ぶどうジャム作りにこだわっているのか・・・・・?
1.身体に優しいジャムである事
2.添加物を入れる事で確かに賞味期間は長くなり、売り手側としては、とても好都合ですが、
本来ぶどうが持っている、風味とか味の食感が損ねることが多ので、敢えてこの点を重視して作ります。
(賞味期間は6ケ間と一般のジャムより少し短めです)
召し上がればお解かりだと思いますが、ぶどう本来の味かします。

●朝収穫されたピオーネを仕入れてきましたそのぶとうと、先般完成したピオーネジヤム。




●お召上がり参考例
ぶどう果肉をわざと残しているためにパンにサンドするとぶどうジャム本来の味が楽しめますよ。



●ぶどうジャムを使ったヨーグルトは、とても自然な味が愉しめます。




●お子様には、デザートしてバニラアイスのトッピングソースとして使ううと、果肉の味が楽しめて美味しいですよ。



●少し時間が有ればこのような料理のソースとして活用できますよ。

骨接ぎチキンのグリル ピオーネ赤ワインジャムソース
これが中々イケルソースでチキンとの相性がとても良くて旨い。
詳しく料理方法は次回へ続く


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:24Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月30日

主人がこのお店が好きだった 

昨日、いつもご夫婦でワインを飲みながら食事にご来店下さっていました。
お客様が、久しぶりに奥様一人でワインを召し上がりながらお食事されておりました。

・・・・・・・当日は、ご主人が何かの用事でお出かけになり、おひとりで食事と私は、思っていました。

いつものように途中のお冷サービースの際にお声をかけて・・・・・・・今日はお一人ですか・・・?

●実は、久しぶりで来ました。



主人(60代)が突然泣くなり、主人が生前からこの店がとても好きだったので、今日はお食事に寄せて頂きました。
(良く見ますとテーブルの片隅にはおふたり仲良く撮られ写真が飾ってありました)


●手作り和風きのこハンバーグとサラダをオーダされ。お召上がりなっていました。



お帰りの際にケータイをテーブルの下に落として帰り、あわてて引き返され、無事に次のお客様が其の携帯を発見されて
奥様様にお渡ししました。

その際に、
すみませんね、亡き主人にメールを打っていましたのでとても大事なので見つかり有難う御座いました。
・・・・・・・・・・御礼を述べられていました





★それ程までにこのお店が好きだったとは、とても光栄に思うと同時に、奥様の心優しさに思わずもらいなきそうになり、
其の夫婦愛の強さにとも感動しました。






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:30Comments(0)お店の色々なお話

2009年08月28日

メチャクチャ旨い 冷製カボチャスープ サンチョ

夏限定で契約有機農家より仕入れた有機カボチャで冷たい有機カボチャスープを毎年提供しています


今日、アベックでご来店下さいました、お客様は、冷製有機カボチャを゜召し上がりなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・其の感想を伺いますと

●メチャクチャ旨い 冷製カボチャスープ で、大満足ですよ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・後のご注文のグリルも美味しいとよろしいのにね、・・・問いかけますと

●いつも来ていますので、其れは美味しい(照焼ステーキとサラダ)ので安心しておりますから、ご心配なくでした。




食事後のお冷サービスを回ったその際に、お客様には、有機栽培農家の方へ冷製カボチャスープの感想を
そのままお伝えするととても喜びますから、今度有機栽培農家に視察に行った際に、その旨をお伝えて来ますとお答えしました。

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:52Comments(0)料理の面白さ

2009年08月26日

無添加有機ぶどうジャム完成 迄その3 サンチョ

有機栽培農法でぶどうを栽培しいている、京都 山科歓修寺近くのはいから園のぶどう種類中でも上質と言われていいます。
ピオーネを使い、添加物(防腐剤・増粘剤・着色剤・)を使わずに作ります。

何故i添加有機ぶどうジャム作りにこだわっているのか・・・・・?
1.身体に優しいジャムである事
2.添加物を入れる事で確かに賞味期間は長くなり、売り手側としては、とても好都合ですが、
本来ぶどうが持っている、風味とか味の食感が損ねることが多ので、敢えてこの点を重視して作ります。
(賞味期間は6ケ間と一般のジャムより少し短めです)
召し上がればお解かりだと思いますが、ぶどう本来の味かします。

●はいから園より仕入れてきました、ピオーネです



●ピオーネを一粒ごとに房よりはずして水洗いをし、不純物を取り去りその後水切りかごに移します。



●鍋にピオーネを入れて少しの水を入れて後、フタをして火にかけて表皮がむければ、コンロからおろして水切り籠に空けて表皮をむきます、その際に煮汁は残して置き、ぶどうを煮詰める際に使う



●表皮をむいたぶどうと砂糖を鍋に入れて煮詰めていきます、その際に木ベラでかき回しながら、出てきたアクを綺麗に取り去ります。




●木ベラに絡みつくような感じて良く煮詰まって来ます、其の状態になればレモン汁を入れて更に煮詰めていきます。
 ジャムらしい感じになれば出来上がりです。




●ぶどう瓶は、鍋の中に入れて水を瓶が完全にかぶるまで入れて、沸騰してから10分殺菌消毒をする、その後瓶を取り出して
乾燥機に入れて完全に水文を乾かす。
其の瓶にジャムを9分目まで入れて、直ぐに完全にフタを〆る。




お求めはコチラヘ河原町店


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:03Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月23日

無添加有機舞ぶどうジャム手作り中 サンチョ

有機栽培農法でぶどうを際場入れている、京都山科歓寺近くのはいから園よりピオーネぶどうを使い、
只今、
添加物(防腐剤・増粘剤・着色剤・)を使わずに作ります。
(だから賞味期間は6ケ間と一般のジャムより少し短めです)

自然なぶどう本来の味を引き出す事と身体に優しいぶどうジャム作りにこだわっています


もう直ぐ販売できます・・・・乞うご期待を

次回へ続く
  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:30Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月22日

無添加有機舞ぶどうジャム完成迄 その2 サンチョ

無添加有機ぶどうジャム完成・・・続き その2お話です。

●今回は有機栽培農法でぶどうや野菜を作られている、はいから園のご紹介です。

当店が5年前に無添加有機ぶどうジャムを作りたくて、京都のぶどう産地を探している時に、京都山科観修寺地区で有機栽培農法でぶどうや野菜を作られていると聞きつけて、お尋ねした先がはいから園さんです。

それから無添加有機ぶどうジャムをつくりでお世話になっています。




●只今、はいから園では店頭販売は勿論、ぶどうを全国へも宅配してお届けしています。



●京都山科観修寺~大岩街道沿いに位置した直売所には、駐車6台のスペースもあり、お車が便利だと思います。




●さすがにぶとう直売所、横の空地には巨峰のぶどうがなっています。




●はいから園のご案内地図はコチラです。

お問い合わせ 電話は 075-571-2361



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:40Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月21日

ゆずこしょうドレッシングは絶好調で売れてます。

今年の夏は残暑が例年以上に厳しいようで、お客様も夏疲れが出てきたのか、ココに来て食欲がダウンしているように食事風景を見ているとそのように見受けられます。

最、お帰りの際に、冷しゃぶサラダ用にゆずこしょうドレッシングをお持ち帰りされるお客様が多いようです。

冷しゃぶサラダは比較的簡単に作ること出来るのも一つの要因かも知れませんがね・・・・?。

それにしても連日の暑さには参ります。

皆さんも体力つけないとインフルエンザの猛威に負けますよ。
  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:42Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月19日

サンチョ河原町店、只今の人気メニュー

お盆も過ぎて夏の疲れがそろそろ出てくるこの時期、・・・・・なんとなく食欲が無い

当河原町店では、この3品メニューを最近のお客様が良くオーダされています
第1位・・・和風きのこハンバーグとサラダ・・・・¥1030




第2位・・・・・チキンソテーとサラダ・・・・・・・¥1080



第3位・・・・・和風おろしビーフカツとサラダ・・・・¥1200

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:54Comments(0)お店の色々なお話

2009年08月19日

完熟有機トマトジャムは残り少なく サンチョ

有機トマトを京都の上賀茂で有機栽培に取り組んで14年其の農家〔 溝川さん 〕トマトを使い完熟有機とのトマトジャムを作り、河原町・伏見店で販売しています。

発売以来大変好評で完熟した有機栽培のトマトを5~6個が詰まっておりとても貴重なジャムです。



●完熟有機トマトマジャムは季節限定の商品で、売り切れごめんのトマトジャムです。




●この完熟有機トマトジャムは発売以来各店で好調に売れており、現に河原町店では、すでにかんばいしました。


●伏見店では、在庫がカウントダウンの状況になって着ており、完熟有機トマトジャムにご興味のうあるお客様は、
お早くお買い上げにご来店ください。

伏見店はこちらへ





●当店の通販サイトでも取り寄せ出来ますよ。
サンチョ通販はコチラヘ

次回の季節限定ジャムは、無添加有機ぶどうジャムを9月上旬に販売予定です。

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:14Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月18日

大型鯵を狙って若狭湾へ その2 サンチョ

若狭湾へ大型アジを狙って昨日、若狭釣り宿 民宿村松の所有する、やまと丸に乗船して若狭湾沖でのつりです。

若狭釣り宿 民宿村松はこちへ





●残念ながら 生きアジを餌に狙ったヒラメはあたりも無くボーズでしたが、大型のアジと小鯛をゲットできました。



●時には、鯛らしきこの魚もつれたりして、・・・・・・・・ !

ココは南国の海かな・・・??????




●海上は、波も無く穏やかでしたが、魚の食いも悪く思ったよりもつれませんでしたが、久しぶりの船釣りは気分爽快で帰港しました。。

(潮の流れが表層と深層では逆方向に流れているので、魚のまきえさが上手く魚の棚に落ちないので、いまひとつ食いが悪いのでは・・・・・・・との事でした)






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 12:29Comments(0)釣りの面白さ

2009年08月17日

若狭湾へ大型アジを狙って

毎年恒例の夏休みは、社員も交代で夏の休暇を満喫していますが、
私にも夏休みが頂けました。

これから若狭湾へやまと丸の午後船釣便で大型アジを狙って出かけます。

アジを釣れたら其れを餌にしてオオヒラメを狙ってみます。

上手く食いつけば極上ヒラメの刺身が食べられそうで今から愉しみにしています。

●写真は2008年若狭釣り宿 やまと丸へ乗船されたお客様が釣り上げたオオヒラメです。

次回は釣りの報告をお楽しみに。
  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:24Comments(0)釣りの面白さ

2009年08月15日

未来のお客様へ美味しさを サンチョ

夏休み期間中は、特にお子様連れのお客様が多くご来店下さいます。
昨日、ご来店のお子様は当店のコンスープとハンバーグかとてもお気に入っているようです。

ご来店の際に娘(幼稚園の年長)がどうしてもサンチョのハンバーグを食べたいと言いましたので家族で食べに来ました。
(いつもハンバーグを食べるなら、サンチョと娘さんが決めているようです)


以前ご来店の際に、コンスープが丁度売り切れてオーダできない時がありました、その際にとてもご機嫌ななめになった事があり・・・・・其れほどまでにコンスープを気に入ってくださいっています。

●昨日は、コンスープもあり召し上がっている途中でスープスプンをお皿に当て大きな音を立てながら召し上がっておられました。

その際にスープスプンの音は大きくしないで・・・・お母さんから注意されていました。

スープの器に残っているスープもロールパンをつけて食べるのよと言ってパンを取ってあげていました。
お子様は、ロールパンでスープの器に残っているのを最後まで綺麗に付けながら召し上がっておられました。




★本当に美味しい料理の批評家は、お子様と私は個人的に心得たいます。
なぜならこのご家族連れのお客様のお子様のように、自腹で飲食代を払うのでなくても心底自分が美味しいと思った料理を愉しんで召し上がります。

時折このコンスープを他のお子様は、スープの底に残っているをぷの器を両手に持って、底の残っているスープをなめているの光景が時折見受けられます。
その際にお母さんから・・・・やめないみっともない・・・・・・きつく怒られています。
それほどまでに美味しいとは・・・・とても光栄です。


●スープを作る際の基本になるブイヨンには、有機栽培の玉ねぎ又は、淡路産の玉ねぎと決めています(玉ねぎにはアメリカ産・台湾産・北海道産など色々有りますが、玉ねぎの自体の甘さを持っているのには、上記の
産地が優れていると思いますので当店ではこの産地を玉ねぎを使っています)

何気ない素材の一つが基本のブイヨンを美味しくする秘訣で有るからこそ、コンスープも美味しく出来上がります。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:10Comments(0)お食事へのマナー編

2009年08月13日

お盆は営業します サンチョ

お盆期間中は(13日~18日迄)原町店・伏見店共々休まず営業いたします。

●河原町店はコチラヘ




●伏見店はコチラヘ




●ココに来てようやく夏らしい暑さになってきました、お店のメニューでもアッサリとした料理が好まれてきています。
其の代表的なサラダがこれです。

豚肩ロース冷しゃぶサラダ・・・・¥480



ゆずこしょうのアッサリとしたレッシングが冷しゃぶに良く合っているので、お召上がり後にこのドレッシングを
ご家庭用にお持ち帰りされるお客様が多いです。
無添加 ゆずこしょうドレッシング・・・1本・・¥460



●次に和風きのこハンバーグとサラダをお客様が良くオーダされます。

ポン酢入りのソースでサッパリとしたハンバーグの味になるのが受けているようです。






●その次に良く出るメニューは和風ステーキとサラダを好まれます。

アッサリとした和風味のソースが夏の暑い日には受けているようです。








  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:45Comments(0)お店の色々なお話

2009年08月12日

ゆずこしょうドレは、余りにも美味しくて サンチョ

只今、河原町店・伏見店で豚ロースの冷しゃぶサラダにかけてメニューに提供させて頂いています。
先日この無添加ゆずこしょうドレッシングをお持ち帰り下さいました

●久々ヒットメニューの無添加ゆずこしょうドレッシングはコチラ




   ~ お客様よりメールをご紹介します ~

いつも、いつもお世話になっております。子供達をはじめ、親も友人もサンチョが大好き!
ここのサラダで育ったといっても過言ではありません。

こちらのドレッシング、わたくしも買って帰らせて頂いています。
何気ない素人のサラダでも、このサンチョドレッシングが有れば、贅沢なメニュー友達同士の
話のタネになり、
場がなごみ一層美味しいひと時を過ごせます!!
ゆずドレ、わたくしは さっと湯通しした豚肉にかけたり韓国風にサムギョプサルにかけたり
しています。

●豚肩ロースの冷しゃぶサラダ

(この夏冷しゃぶサラダ用としてスタッフが創作料理として考案しました、無添加ゆずこしょうドレッシングですが、お店で提供してからコチラのお客様のようにお召上がり下さいました、お客様の50%の方がご自宅用にお買い上げ頂いています )




 ●無添加ゆずこしょうドレッシングは通販でもお買い上げすることが出来ます
通販サイトはコチラヘ






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:09Comments(0)お店の色々なお話

2009年08月11日

無添加有機ぶどうジャム完成迄その.1 サンチョ

今回は、無添加有機ぶどうジャムを出来るまでのお話・・・・ その・1です。

●昨日、4年前よりお世話になっている、京都 山科観修寺のぶどう農園(10数年年前から有機肥料)はいから園では、減農薬(10トンの水の中に1円玉の重さの農薬を散布に使う)と有機肥料で有機ぶどうを栽培しています。
●今年も大粒のぶどうが収穫されていました。
・・・・・写真は、試作品を作るの少し購入しました。




●其の有機栽培ぶどう(ピオーネ・・品名)で今回も無添加有機ぶどうジャムを作りたくて、昨日も農場へ視察に行ってきました。
 ぶどう農園の周りをカラス・鳥類や不法侵入者を防ぐためにも青いネットで農場を囲っています。




●農園入り口付近の道路わきには有機肥料としてのもみ殻がうずたかく積まれていました。




●遠方よりぶどう農園の全景を眺める。




●はいから園のぶどう直売所へのご案内地図はコチラです。









  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 06:55Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月09日

無添加ゆずこしょうは3本しかないの サンチョ

只今、河原町点・伏見店の冷しゃぶサラダには、無添加ゆずこしょうドレッシングをかけて夏のサラダとして提供しています。
何故
無添加のゆずこしょうドレッシングにこだわるのか、其の答えは、サラダそのものが新鮮であればこそ、かけるドレッシングも当然素材を引き出すソースとしての役割を重視します。

●その結果として当然無添加(防腐剤・増粘剤を入れない)にこだわります。
其れともう一つ大事なことは。無添加で有ればこそ・・・・・・・・身体にとても良いことでこのポリーシは・・・・当店のこだわりです。



●10程前にご来店されたえお客様にゆずこしょうを無添加でこだわって作っていてますので、ビールの前菜として冷しゃぶサラダをおおすめめしました。
其の日は、とても美味しい買ったのでご家庭用に2本お買い上げいただきました




●お帰りの際に2本も無添加ゆずこしょうお買い上げ下さいました。





●今日は、無添加ゆずこしょうドレッシングを5本もお持ち帰りオーダされましたが、生憎と3本しか作ったものが無くて、
とても残念にそうにお帰りになりました。






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:37Comments(0)お店の色々なお話

2009年08月09日

ビーフフェアーで好評の料理 サンチョ

先般ビーフフェアーを河原町店で開催しました。

其のメニュー中でお客様から大変好評の料理(和風ステーキ)をレギュラーメニューに加えて
欲しいと多数の要望がありりました

★本日より河原町店で本メニューに登場させます、

和風ステーキとサラダ・・・・¥1230 

ビーフステーキにアッサリした和風ソースがとても良くあっています
この味が好評の秘密かもしれませんね






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:57Comments(0)一皿に賭ける想い

2009年08月05日

30年前も、今も変わらず に美味い サンチョ

昨日、女性の2人連れお客様が30年前に良く河原町店へ食べに行っていましたが、本当に久しぶりに伏見の実家に帰ってきましたのでおうかがいさせて戴きました。

( 夏休み期間中は、このように実家に里帰りされると以前伏見店に通ってくれたお客様は、良くご来店下さいます。
コチラのお客様も其の中のお一人様です、この傾向はお盆前後が特に多くなります)  

●私は若いときからココのカニサラダが大好きで良く食べていましたが、当時のドレッシングはもう少ししつこい味かしていた記憶がありますがね、
今日のカニサラダのドレッシングはサラとしてクセがなくてひじょうか美味しかった・・・・・・・・・・何故ですか?




★10数年前よりお客様にとっての身体に世良い素材の見直しを初めました
其の流れとし野菜は、極力有機野菜にこだわって仕入れて、ドレッシングの見直しで身体に良いリノール酸が
多くあ含まれている高価な綿実油とリノール油に変えました。



★その結果の味かお客様がご批評下さいました、其のとおりのお味に仕上がりました・・・・と説明しました
お客様がカニサラダでもそうですが、本当においしいもの味を覚えてくれている事にとてもおどろいていのます。

同時に品質を落とさない゛営業を続けていくことの難しさと反面、このように味の記憶として残る料理を作って行くとが改めて大切と思いました。
上記の油を使った自家製ドレッシング達


●当店のカニは、日本海の山陰で水揚げされた紅ズワイガニの棒肉を使っています。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:30Comments(0)お店の色々なお話

2009年08月02日

魚釣りのもう一つの楽しみ サンチョ

ひと其ぞれぞれに魚釣りの愉しみ方が有ります。
私は、健康のために朝一番に清水を300mm飲む習慣がここ数年続いています。
この清水を釣りに行った先の湧き水のあるところをを土地の方にお聞きして、釣り帰りに立ち寄り汲んで帰ります。

●小浜の釣り雨で散々でした。



●湧き水はその汲む場所によって随分と味と風味か違いますし、其の特色が色々と異なるので水を飲む愉しみ方の一つです。
先日も小浜港の入り口付近の湧き水(雲上水)によりましたが、水量が圧倒的な豊富さにビックリしました。


●湧き水前の祠にはココの水神さんをお祭りしています。




●(雲上水)の語源を示すげた立て看板です。
湧き水はさらりとしておりクセがなくて少し堅い目の味か口の中に残るようですが、とても美味しいです。




●雲上水へのご案内地図はコチラヘ







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:14Comments(0)釣りの面白さ