京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2010年03月24日

伏見近辺の桜 その2 サンチョ

竜馬伝として伏見近辺に観光にこられるお客様も週末になると多く見かけますが、伏見の隠れ桜スポットして、伏見桃山高校裏通りの町並みに毎年枝垂桜が綺麗に咲いているご自宅があります。

●今年もそれはそれは見事に満開に咲いて来ています、この通りは対面通行なので道幅が少し狭いので気おつけて桜見学に行かれることをおすすめします。




 ★伏見店では、下記の自家製有機梅酒を近日メニューとして登場させますのでお楽しみにご来店ください。★

●伏見店には、昨年から自家製梅酒作りをしてきました。
この梅酒を使ってストレートで召し上がるか、それとも氷を入れてロックで飲んでもコクがあって梅本来の味がします。



●本来濃厚な梅酒なのでソーダ割りにしても美味しいです。




●ジンジャーで割ると少し濃厚な味になり、中々旨いので・・・・・私のおすすめ1品です。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:20Comments(0)伏見近辺見どころ

2010年03月21日

四条河原町の桜 その1サンチョ

四条河原町近辺の桜の見所は色々ありますが、高瀬川(木屋町通りの南北)沿いの桜は、河原町への買い物帰りに見られる、
近場の桜のスポットとして近年脚光を浴びています。

●現在の早咲きの桜は、八分どおり咲いています。



●遅咲きの桜は、来週の週末には見ごろになることでしょうね。




●その前後より川からは、ライとアップされますとより幻想的な夜桜になることでしょう。




●お帰り際には、当河原町店では、低アルコールドリンクも新メニューとして登場しました。
是非お越しをお待ちしています。







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:39Comments(0)河原町店近辺のみどころ

2010年03月20日

春の創作料理その9 伏見地酒 サンチョ

伏見寺田屋近辺には竜馬伝がTVで放映されいるのもあり、例年を上回る観光客の皆さんが訪れています。

当伏見店も竜馬にちなんだ伏見の地酒を探して参りましたので、ようやく3月25日から追加ドリンクメニューと共にスタートさせます。

日本酒や竜馬ファンにとっては、待望の伏見地酒を提供できると想っています。

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:32Comments(0)料理の面白さ

2010年03月19日

紹介されて サンチョ

昨日、発売された関西ウォーカーの伏見・宇治版に当伏見店が紹介されました。
伏見・宇治地区にも数百の飲食店がひしめき合っており、近年特に伏見地区への新しいお店が次々と出店されて来ています。


●其の中から選んで紹介して戴けるとは、雑誌発行社(角川社)さんにとても光栄に想っており、感謝しています。
と同時にこれもお客様が日ごろから当店をご贔屓にして頂いてるからこそ、今日のサンチョがあり、お客様にとても感謝しています。

●紹介記事のサラダは、近年野菜が特に脚光浴びています。




●特に野菜は、素材がシンプルなだけにとても扱いやすい反面其の素材先の栽培地によってとても味か違う性質があります。

●これからの季節キャベツ・タマネギととてもう美味しくなり、サラダも特に旨くなる季節になります

おすすめは・・・・・・・断トツカニサラダです



●例えば・・・季節ごとの有機野菜スープでもそうですが、同じ人参でも韓国や中国産の北海道産など色々あります。
やはり有機栽培でしかも15年以上も有機肥料で土作りをされた畑の有機人参を生で召し上がると味の深さとコクには到底かないません。
(素材の味を確かめには、生で召し上がると其の素材の味が良く解るので私は、このような試食方法を良くします)
当然この有機人参を使うスープは、味に深みとコクが滲み出てきています。

お客様から・・・・・・・これが人参スープですかと良く程コクがあって旨いですね。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:41Comments(0)お店の色々なお話

2010年03月12日

洋食コックさん募集 サンチョ

この度、伏見店で3年間勤務されているスタッフが自分の進むべき将来の道(洋服店へ転職)が違ったために退職することになりました。
そのために求人を急遽することになり、下記の要綱で求人募集を致します。

 君の料理に対する情熱を当店で発揮しませんか。

伏見店の詳しい案内はコチラヘ   

 (伏見店,入り口風景)



職種   :  調理見習い及び経験者
年齢   : 18歳~25歳位まで
給与   : 20万 ~ 25万 (経験者は優遇します)
          但し、見習い期間3ケ月間有ります     
勤務時間   : 午前10:00~24:00  (交代制)
昇給      :  年1回   
賞与      :  年2回   残業有り
交通費     :  全額支給 
食事付き   :  昼 と夜 2回無料支給
皆勤手当   : 3000円支給します
住宅手当   : 13000円支給します
調理師免許 : 3000円を免許保持者に限ります
制服支給  : 無料支給
社会保険  : 雇用保険・労災・健康保険・厚生年金
勤務地    : 伏見店  
電話     : 075-622-2154
住所     :京都市伏見区伏見桃山大手筋一筋目南下がる50m
採用担当者 : 075-612-3189 (本部 ・ 村松迄 )

★問合せ先; メール又は、
          お電話にてお問い合わせ下さい.。  
          サンチョ株式会社伏見店  075-622-2154 

      (伏見店内風景)  





    ● 面接ご案内への伏見店地図はコチラヘ



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:45Comments(0)料理の面白さ

2010年03月11日

春の創作料理 その8有機人参ジャム サンチヨ

先日、有機契約栽培農家より、畑の有機人参を掘り起こして次の作物を作るので、今年最後になりますが、使っていただけませんかとの連絡がありました。
●有機契約畑は福井県の小浜にあり・・・・コチラの畑です。



iframe>


●(現在、伏見店ではこの有機人参を使って季節の有機人参スープとして提供させて頂いています)





●以前よりの有機人参を使った、無添加のシリーズの有機人参ジャムを作りたいとの夢がありました。
これは願っても無い機会と考えて、是非、宅配で送って下さいお願いしました。

昨日、届きました。
この有機人参を使ってジャムを何度も試作と失敗を繰り返して、有機無添加ジャム納得のいく美味しいジャムを完成させますので、今しばらくお待ちください。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 20:21Comments(0)一皿に賭ける想い

2010年03月07日

春の創作料理その7 有機梅酒 サンチヨ

2年前に酒税法が改正になり、飲食店でも果実酒が販売できるようになりました。
それに伴以前から自家製梅酒を個人用に造り飲酒していましたが、お店でも売れることが可能になり、本格的に無添加有機梅酒を造りました。
お客様に少しでも安全な料理を提供したい其の想いがこの無添加有機梅酒にも込められています。
例え、ドリンクメニュー1品でもと・・・・そんな願いの自家製無添加有機梅酒です。



●先日、スタッフとも自家製梅酒のソダー割りカクテルを試飲し、現在、お酒やから仕入れている梅酒よりもコクと濃厚なソーダ割りなります。
結果、この自家製有機栽培の梅酒に決めました。
(近日、ワインメニュー改訂しますの、・・・その際より販売開始します)




●梅を契約しています、梅畑を先日視察に行ったときの梅畑の状況です。
畑には、数箇所にイノシシが土を掘り起こした跡が見受けられます、無農薬で梅を栽培している畑なので動物も安心して、土中の生き物を探して土を掘り起こしているようです。



●梅畑は、福井県の志積港の上に畑はあります。
(畑からは若狭湾が遠望できます、湾内の海面からの反射熱で梅は更に美味しくなります、和歌山の有田ミカンが美味しいのは、有田湾内の反射熱も影響していると言われています)




●福井県の志積港の上に位置する梅畑の地図はコチラです。




●梅は今が盛りと咲き誇っていますが、花が全て実になるように祈って帰途につきました。




●昨年漬け込んだ梅酒は琥珀色に染まっており、そろそろ飲酒できる頃となっています。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 19:24Comments(0)一皿に賭ける想い

2010年03月05日

春の創作料理その6 サンチヨ

河原町店ではこの春の創作料理と合うアルコール飲料を創作料理と平行しながら色々と試飲用に取り寄せて
料理も引き立たせるドリンクをスタッフの女性にも飲んで頂き検討してきました。

結果、女性女性のお客様でも軽く召し上がれてドリンクを4点今回は店内で明日から発売となります。
改装する前は、テーブル席幅も狭くてやりたくても出来ないメニューも今回の改装で色々と出来るので、今後もお客様には、料理以外でも愉しんで戴けるメニューを提供したいと想っています。

特に健康志向と地元の京都丹波で作られている赤ワインは、体の血液を老化を抑制するとも言われてる
効用ありお勧めのワインです。
お二人で召し上がるサイズで提供させて戴きます
 ★京都丹波ワイン赤(360mm)
   爽快ながら手応えのあるワイン・1本・・900円




★京都丹波ワイン白(360mm)
  フルーティーに仕上げた白ワイン・・1本・900円       




★スミノフアイス(275mm)  
  ウオッカベースのレモンテイス・・・・ト・1本・・450円



★スミノフアイスドライ(275mm)              
  ウオッカベースのグレープフルーツテイスト・・1本・・450円






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 19:01Comments(0)料理の面白さ