京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2014年05月31日

無農薬レタスの栽培見学へ

先日、福井県小浜で無農薬レタスを栽培されている会社が
有ると聞いて見学に行ってきました。

工場内では夜間電力を利用して完全人口光型照明照射時間の
効率で水耕栽培された結球レタスは、世界で初めての栽培方式
です。
年間を通じて安定した価格と生産量を届けられるのが最大の
特徴です




外葉は、露地栽培されたレタスよりも苦みが少なく。充分に
召し上がれます。
又、
野菜のアクが少ない分、水にさらす時間もか少なくで済みます。

唯、肉厚がやや薄くて、全体の内容量が露地ものに比べて
比較的に重量が少ないのが難点です。

家庭で召し上がるには良くても、業務用としてはまだまだです。

今後は、改良を重ねて内容量が重くなるようにするので、試作の
レタスが出来上上れば、お届けしますとの事でした。










  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:15Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年05月26日

チョイ飲みイベントのお知らせ

当、伏見店でも店内で提供させている、

古都千年の伏見酒蔵元(齊藤酒造)さんの
チョイ飲みイベントの開催お知らせです。


6月7日(土)AM 11:00~PM
当日のみ限定開催です。
当伏見店より歩いて20分ぐらいのとこにあります。




詳しくはコチラへ

http://www.eikun.com/pdf/choi_2014s.pdf  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 13:44Comments(0)伏見近辺見どころ

2014年05月24日

伏見特集に紹介されました。

只今、月刊京都の情報誌でも有名な雑誌(リーフ7月号)に
当、伏見店を紹介して下さいました。

★今回は、味わい深い街・伏見・宇治・城陽特集号です。





★P-39の行列ができる、伏見の四天王のページにこの様にご紹介して下さいました。


手作り洋食の相棒は山盛り野菜
40年来愛されツ告げられる老舗の風格




 ご紹介して頂き誠に有難うございました。・・・とても感謝ています。  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:15Comments(0)紹介された雑誌・TV

2014年05月23日

食事券プレゼントを掲載中

この度河原町店・伏見店共通で可能なお食事券1000円分を
読者プレゼントとして提供させて頂いています。

★ご参加に奮ってご応募ください




★下記のフリーペッパー雑誌(京都・コロン)に掲載中です。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:17Comments(0)お店の色々なお話

2014年05月20日

トイレが綺麗ですね。

先日、
お客様からココのトイレは、いつもきれいですね。
お褒めの言葉を頂きました


スタッフがいつも夕方と営業終了後にきれいに清掃して
折、その結果が評価されたと思っています。

2007年に改装した折に、伏見店を快適な食事空間
とするいくつかの項目があり、トイレも綺麗に
するのもそのうちの一つでもありました。

お褒めに頂き有難うございました。・・・感謝。


写真は同形のカタログより掲載しています。






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:47Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ

2014年05月17日

創作料理出来ました

河原町店は、春からの創作料理を試作するのにお店が連日忙しく、
中々作る時間と作るスペースが無くて延び延びになっていました。

ここ最近ようやくちお店も着いて参りまし。
先日、スタッフの力作を1品ごとに持ちより、試食会を開催しました。

創作料理は、河原町店スタッフが一押し下記の料理で決まりました。


ズッキーニと相性抜群のチーズをのせてクリームソースで
仕上げた1品に決まりました。


20日(火曜日)より発売開始予定です、是非一度ご賞味下さい。

若鶏とズッキーニのグリルとサラダ・・¥1090























  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:35Comments(0)料理の面白さ

2014年05月10日

母の日への贈り物に・・・・。

母への日頃の感謝を込めてお食事にご招待されてはいかがでしょうか

コース料理をオーダされるその際にお母さんだけ特別にケーキを
フルーツで豪華に飾り付けをさせて頂きます。


ご希望で有れば、フルーツのデコレ代金をプラス200円
承ります


参考例・・・写真は、飾つけされたガトー ショコラ




★チョイスコース・・・¥2880~

メインの料理は、5品目の中からチョイス出来ます。

http://sancho.co.jp/store/fushimi/menu03/





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:19Comments(0)お店の色々なお話

2014年05月09日

伏見利き酒に参加者募集中

この度、
雑誌リーフさんと京阪電車が主体となって伏見の酒蔵見学
を兼ねてオリジナルのお酒ラベルを作り、その後お酒の利
き酒会を開催されます。

女性限定で有料ですが、日本酒の良さが再発見出来ますので
奮ってご参加ください。

当店も利き酒会にふさわしいお弁当で参加させて頂く事に
なりました。

詳しくはこちらへ
但し応募者に限定項目が有りますのでご注意下さい。

・女性限定
・定員15名
・抽選になります
・16日正午までの応募受付

http://www.kyoto-sake.com/event/1921

参考写真はイメージです

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 14:03Comments(0)伏見近辺見どころ

2014年05月08日

オープン前からのご来店に感謝

連休期間中は、特に伏見店・河原町店共々にオープン前から
お待ちして頂き有難うございました。

皆様の御来店が有ればこそ、今日の当店が有る事に
常々有り難くとても感謝してます。

今後とも皆様に愛されるお店になる様に努力
し続けますのでよろしくお願いします。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:15Comments(0)お店の色々なお話

2014年05月07日

サラダを美味しくする 調理編その.3

サラダを美味しくする調理編その2より続く

サラダを調理するに際には、野菜の持つている
性質も少し解ると更に美味しいサラダが出来ます。

サラダを美味しくする調理編 その.2

玉葱の見分け方

★玉葱もサラダに合う種類のを選ぶ
玉葱が持っている本来の甘さの物を選ぶ
当店では主として有機農家からの仕入れた
玉葱か又は、淡路産の甘味のあるものを
使っています。

北海道産・外国産では、肉質がやや硬く、
何方とも炒めもの調理方法に向いている

現在、 春の長崎産や千葉産のサラダ玉葱などは
生食用のサラダに向いています。

年間通じて淡路産のタマネギは、甘みもあり
サラダにおすすめの玉ねぎです。


★玉葱の切り方

玉葱を輪切りした際に頭の方に直角に
スライスすると食感が断然よくなる




★キャベツの切り方 

キヤベツは葉っぱを広げた際にキヤベツの芯
は固くて食感も悪くなるので削り取ります




包丁でスラ水イスする際にはキヤベツの芯と
直角にスイスすると芯の硬さが無くなり食感が
良くなる。

その際のスライスは新キャベツはやや薄さを
薄く冬キャベツは、薄くスライスする方が
食感も良くなる











  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:35Comments(0)料理の面白さ

2014年05月06日

サラダを美味しくする 調理編その.2

サラダを美味しくする 調理編その.1より続く

★レタスは、年間栽培されていますが。、季節により
収穫産地が異なります。
春の桜前線のように露地栽培のレタスは、宮崎産から
だんだんと北上し春先には四国産になり、夏には
信州の高地で栽培され
秋には千葉産や和歌山さ産となり四国方面ゃ淡路産となり
冬場には温室栽培のレタスとなります。

●レタスは食感を楽しむためには、
手で半分にまず分けます。




●お口に入れても差し支えない
程度の大きさににちぎり分けます。
(包丁等金目のもので切り分けると
切り口から変色する)


●玉葱・キャベツ・レタスのをボールに入れて
軽く水入れて混ぜ合わせます。
この状態でアミカゴに移します。

サラダを美味しくする 調理編その1の
サラダを流水にさらすに続く







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:24Comments(0)料理の面白さ

2014年05月06日

サラダを美味しくする 調理編その.1

時々、お客様からこのサラダは、何で美味しいの自宅では
なかなかこの様な美味しいサラダが出来ないです。

何か秘密が有るのですか・・・・・・?

少しサラダを美味しくする為のコツをお話しましす。

サラダを美味しくする調理編 その.1

★出来上がったサラダを軽く混ぜた後、

ボールの中にザルに入れて10分程度水を流しながら
野菜のアクヌキをする


●この工程を忘れると、どんな美味しいドレッシングを
掛けてもまずいサラダになります





★ざるに入れたサラダを水切りをする。
但し、

適度の水分がないとドレッシングが
馴染めないから注意が必要です

特にサラダ用の水きり器具を使う際には、、
水分が少し残る状態がベストです。





★ボールに入れてラップをして冷蔵で20分
程度冷やすと更にパリッとしたサラダに仕上がり
食感が良くなり美味しく召し上がれます。


ラップをしないと冷蔵庫内は乾燥してサラダ
の水分が無くなり美味しいさが半減します



★盛り付けられたサラダは、テーブルにお出して、
冷たいうちにお召し上がるのが美味しいさへの
秘密です。

●できればドレッシングも冷蔵庫で冷やされたものを
掛けて召し上がると更に美味しいです。















  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:09Comments(0)料理の面白さ

2014年05月05日

オードブルは子供たちとのお祝いに

先日、子供の日にご家族皆でお子さまのお祝いしたいとのご要望で
オードブルのオーダを頂いて居りました。

お店がオープンと同時にご来店頂き、お持ち帰りして頂きました。

出来ればサラダも召し上がりたいとのことでした。
別にカニサラダとエビサラダのご注文も頂きました

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 14:09Comments(0)お店の色々なお話

2014年05月04日

子供日に想う。

今日、伏見店近くの乃木神社へ商売祈願と腰痛が早く治る様に
祈願しに参拝させて頂きました。

境内では、毎年この字になると大きな鯉が風に吹かれ、
お子さまの成長を表すかのように大空に泳いでいました。

時折ウグイスもさえずり、のどかな日本の平和を象徴するかの
ような雰囲気で、今後もこの平和が続くようにと皆で
協力しなければいけないと思いました。




●境内には、多くの戦争に参加された英霊が祭られて
いる碑が立っています。




★案内看板にはこの戦争で尊い犠牲の方への
碑が立っています。

多くの尊い命の犠牲のもとに、今日の日本が
平和でおられることに深く感謝してお参りの帰途に
つきました。








  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 16:27Comments(0)伏見近辺見どころ

2014年05月03日

ローストビーフの美味しさの秘密

お店で提供しています、色々なメニューには、他の飲食店でも同様に
素材から吟味された食材に独自に調理され、他店とは違う隠された
味なり、その店のヒットメニューになります。


★例えば当店のロースビーフとサラダも同様です。


いつもの常連さんは、ご来店されると、毎回ですが
お替りのオーダを頂く程、お気に入りメニューです。





★他店でもローストビーフの肉の部位の様々な所の肉を使い、
調理をしてお店の独自のソースで提供されています。

当店では、牛1頭から2枚しか摂れ無い、イチボ肉の
部位を使っています。

まずは、肉のついている脂の部分をきれいに取り除き、
香味野菜と共にじっくりとオープンで焼き上げます。

(イチボのお肉はステーキとしても美味しい肉です)
ソースは、お店独自の調理したものを添えています。







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:25Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年05月02日

有機人参とリンゴの無添加ジャム・その3

有機人参とリンゴの無添加ジャム・その2より続き

●鍋に砂糖を更に入れ、煮詰めて行くとジャムが当初からの全体量が30%位まで
なるとレモン汁を絞り入れます。






★少しでも混ぜるのを休むと鍋底に焦げが出るのと休めた
途端にジャムが吹き出すのでヤケドに注意が必要です。
 


●全体に水分が無くなると出来上がり、煮沸し乾燥させた、
ジャム瓶に入れて軽く蓋をします。





●瓶詰したジャムを瓶を鍋に入れて、水を1/4程度入れて
沸騰後10分程度煮沸殺菌をします。

★完全に覚めてからもう一度きつく蓋を締め直しで
完全密閉すると出来上がります。
この工程を忘れると空気が入り腐ります




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:04Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年05月01日

有機人参とリンゴの無添加ジャム・その2

先日より有機人参とリンゴの無添加ミックスジャムを
作っています。

★人参にもいろいろありますが、味に深みとコクが
有る、有機人参にこだわってスープやジャム用に
調理しています。



★有機人参は皮をムキ、両端を切り落として置きます
リンゴも皮をむき、芯やタネを取り除きます。

有機人参とリンゴも薄くスライスします。





★鍋に2個ともスライスした状態の物を入れ、
固形物の1/3ぐらの水を入れます。
その後、火に掛けます。

時々手ベラでなべ底から軽くかき混ぜないと
鍋底から固形物が焦げます。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:47Comments(0)一皿に賭ける想い