京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2014年09月30日

伏見バル25日26日開催お知らせ

伏見バルが今年も10月25日(土)26日(日)に伏見桃山中書島界隈の
飲食店59店舗の参加し開催します。
伏見町おこしの一環行事として当店も参加させて頂きます。

詳しくは参加されているてお店又は本部へお問い合わせください。

当伏見店でも前売り券は発売中です。
又は、

チケット予約 販売お問い合わせ
NPO法人伏見観光協会
075-622-8758





当日の会場本部はこちら

案内地図


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:27Comments(0)伏見近辺見どころ

2014年09月29日

親子4代通っています。

昨日、昔、京都外大の近くに当店の西院店があり、その当時自宅が
近くなので家族でよく通っていました。

今日は息子に連れられて西院よりきました。

息子も結婚してさらにその子も結婚して、出産し子供も早3歳に
なり、今日は家族そろってきました。

ハンバーグと牛肉の赤ぶどう酒にをお召し上がりました。


●親子4代も通って頂き有難うございます。
・・・・・・ご来店頂きとても感謝しています


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:13Comments(0)お店の色々なお話

2014年09月26日

美味しいものに国境は無し。

昨日、20代の女性お二人様がご来店されました。
セレクトセットをオーダされて仲良く会話を楽しんでおられました。



時折、英語の会話でのお話があり、よく見かけると
御一人さんは、日本の方でありませんでした。

外国のお客様に、美味しいですかとお伺いします。・・・・・?、

流暢な日本で 
・・・とてもおいしいですね・・・・お答え頂きました。

スープも昨日から暖かいカボチャのスープに替わり

美味しものに国境が無いことに再認識しました。


ご来店に感謝・・・・有難う。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:02Comments(0)料理の面白さ

2014年09月20日

近日中、温かい有機カボチャのスープに替わります

朝晩涼しくなり、さすがに冷たい有機のカボチャスープも
一服状態なりました。

●近日中に温かい有機カボチャのスープに替わります。




●秋と言えばきのこ、当伏見店では、和風系の
ドレッシングのきのこのサラダが最近よく出ます。




●秋のデザートも登場します。
ぶどうのジェラード
カボチャのジェラード


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:05Comments(0)料理の面白さ

2014年09月14日

有機ぶどうジャムを無添加で作る その4

有機ぶどうを無添加で作る その3より続き

●煮込んでゆきますが、ジャムらしき粘度になれば
出来上がり、びん詰します。

その際に煮沸殺菌した空瓶を温めて置き
それに詰めてきます。




●ジャムのびん詰を終了後、更らに鍋にジャム瓶
の1/3程度の水を注ぎ、10分程度沸騰させた後
取り出し、蓋をしっかりと占めます。

さめた後にもう一度、蓋を完全に閉めれば完成です





●有機ぶどうジャムはピオーネをびん詰1個(190g)に対して
約800g(通常のぶどう1房と1/3程度)のぶどうが必要です。

(食感をよくするために、敢えて少しだけぶどうの粒を
残してあります)













  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 16:07Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年09月13日

有機ブドウジャムを無添加で作る その3

有機ブドウジャムを無添加で作る その2より続く

●有機ピオーネを皮むきしたものを一粒ごとに
ぶどうの種とその芯の固いヒモ状ものをペティナイフで
取り除きます。

(この作業により、ジャムの食感が大変よくなる)





●フードプロセッサーでそのぶどうを固形が残るように
調理します。

(あえて固形を残すことでぶどう本来の美味しさが
ジャムに残ります)






●下調理隅のぶどうに砂糖を加えて、
アクを取り除きながら煮込んでゆきます。

途中でぶどうの煮汁と最後の方でレモン汁を加えて
ジャムらしき固さになれば出来上がりです。




続きはその4へ  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:16Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年09月12日

有機ブドウジャムを無添加で作る その2

有機ブドウジャムを無添加で作る その1より続き

●有機ブドウを皮むきした後の鍋に残った煮汁は、
別鍋で煮詰めてゆきます。



●ピオーネ本来の青い琥珀した色合いになり
トロリとした液状の濃度になるまで煮詰めて
ブドウジャムを煮込んでゆく際に使います





●別にレモンも絞ってシボリ汁のみを使い
ブドウジャムの仕上げ段階途中に使います。


その.3へ続く  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:04Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年09月12日

有機ぶどうジャムを無添加で作る その1

毎年この時期になると京都、山科勧修寺の有機栽培農法で
育てられた、ピオーネ)を仕入れに行き来ます。

●同じぶどうでも有機栽培で育てられた、そのぶどう(ピオーネ)は、
糖度も味の深見もワンランク上で、とてもおいしいです。

ピオーネも栽培されいる木により色合いがいろいとあり
とても毎回ぶどうの色合いが違い面白いです。




●ぶどうを流水の中不純物や汚れた等をきれいに取り除き、
水切りした後で



●鍋に1/4水を入れて、上記のぶどうを入れ、沸騰後2分程度で
ぶどうの表皮に亀裂が出来れば火を止めます
煮汁は別鍋に取り置きします。





●ぶどうの皮をひとつぶごと、むいてゆきます





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:37Comments(0)一皿に賭ける想い

2014年09月08日

今年は10個買って帰ります。

今年も有機ぶどうジャムを随時作っています。
先般より各店にて販売開始しました。

昨日のお客様は、昨年、来店の折に有機ブドウジャムを
無添加販売されており、珍しいので買って帰りました。

とてもおいしかったのです。

今日は、お友達におすそ分けしたいので
10個くださいとのことでした。

スタッフもずいぶん驚いていましたが・。

無添加で作りますのでブドウの自然なおいしさが
解って頂きとても感謝しています。

・・・・・ありがとうございました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:31Comments(0)料理の面白さ

2014年09月07日

どうしても食べたくて。

昨日、8時ころご来店されたご夫婦は、夕食歓談中の話題に

サラダの話で盛り上がり、昔(30年前に学生だった頃)サンチョに
よく行っていたね。

話の途中で突然、サラダがどうしても食べたくなり、夕食後にも関わらず、
二人でサラダを食べに来ました。

●アスパラサラダと




季節のおすすめ料理

●鶏もも肉の賀茂ナスと万願寺唐辛子添え
オーダ頂きました。

・・・・・・・・・・大変満足されてお帰りになられました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:37Comments(0)お店の色々なお話

2014年09月03日

ここに来るのが楽しみ

昨日、30代の男性お二人は
、ここに来るのが楽しみです。

照り焼きステーキを2人前と大ライスをオーダされながら
仰ってくださいました。

お店はこのように、お客様にとってもなくてはならぬ存在に
なっていることがとてもうれしい限りです。

・・・・ご来店に・・・感謝。・・・・・有難う。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:04Comments(0)お店の色々なお話