京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2016年06月28日

又、一つ新しいバーグが出来ました。

7月3日より、伏見店の新風創作料理が登場します。

★手作りハンバーグ
夏野菜のラタトゥイユ添えとサラダ・・¥1230
赤ワインベースのソースでお召し上がりください 

今回は、洋食店ならではの赤ワインを煮詰めた
ソースで少しコクの有る味のソースができました。


今のハンバーグも肉汁が出るほど旨いのが、
赤ワインソースで更に美味しいくなりました。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:32Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月26日

一粒ごと丁寧に召し上がる。

昨日、ご家族連れの沖火薬様はランチを召し上がりに
ご来店されました。

小学生高学年のお子様は、最後のライスがお皿に残っている
米粒を゜一粒ごと丁寧に召し上がられていました。

最後のお冷サービスの際に感想をお伺いすると、


ご飯も美味しかった。

(料理冥利に尽きます。・・・・・・・・有難う)

・・・・・・・・・・・・・・ご来店に感謝。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:32Comments(0)お食事へのマナー編

2016年06月26日

有機無添加 はつさくジャム作り・・その2

鍋の中へ、はつさくの実と砂糖を入れて火にかけます。
沸騰してくると泡が出て来ます。




これを綺麗に取り除きながら、煮詰めてゆきます。

その際に軽く鍋のそこから手ベラでかきまわしていきます。






仕上がり加減は、はっさく実がジャム状態になってくるとジャムの色は、
琥珀色に染まります。
又は、
同時に手ベラに絡みつくような感じになれば、出来上がりです。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:14Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月24日

無添加有機 はっさくのジャムを作る・・ その1。

京都久御山で有機肥料で はっさくを栽培されている農家より
はっさくでジャムを作ってみては・・・・との要請に応えてみました。

はっさくの外側皮をむきます。




昨日、現地の畑を視察にいきました。
早くもはつさくの木には、この冬に収穫出来る、
小さな八朔の果実が出来ていました。




はっさくの実と砂糖のみで無添加ジャムを
作ります。

 
出来る限り素材の味を大切に考えて敢えて、
防腐剤 、添加剤などを入れずに作ります。

少ししでも身体によいものを召し上がって
欲しいその思いをジャムに詰めています。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:44Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月24日

牛洋風しぐれ煮のカナッペ作り方

牛洋風しぐれ煮のカナッペ作り方



冷蔵庫より取り出した。、牛しぐれにとクリームチーズを
半分半分をボール入れます。

20分程度で各々が常温状態になりると両者よく混ぜ合わす
(お好みでバシルを刻んで入れて香りを楽しむ)




プレーンのクラッカーの上に少し乗せて召し上がる



ワインのカクテルと一緒に召し上がれば最高においしいです。

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 06:27Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月23日

久しぶりの船釣り

先日、1年3ケ月振りで取引先の皆さんをと一緒に若狭湾へ
船釣り行ってまいりました。


海底には多くのクラゲが蔓延しいると見えて、釣りあげてくる
釣り針先にはクラゲの残骸がついてきます。

(若狭湾全体にクラゲが大量にに発生しているらしい
と船頭さんが言っていました)

私の所見
地球の温暖化による海水温の上昇により、海水温が1度上がると
海の生態系が変わるとも言われています。
それが要因かもしれませんね


釣りの成果は今一つでした。




梅雨の鯵は、脂の乗りもよくとてもおいしいくです、
このうまさに惹かれて海釣りに行きます。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:57Comments(0)釣りの面白さ

2016年06月22日

サプライズのケーキで大喜び。

昨日、お誕生日会をご予約されたお客様は、

当日、お誕生日の方には、秘密でケーキの飾りつけを
お願いしますと予約の際に、オーダを頂きました。

食後のデザートにサプライズケーキをお出しすると
とても喜んでおられました。




ご予約頂いていました、チョイスすコースのデザートを
ザラスイズケーキ代金としてプラス200円で
フルーツをデコレさせて頂きました。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:59Comments(0)お店の色々なお話

2016年06月21日

貸し切りパーテイ飲み放題付き。

昨日、予約されて貸し切りパーテイを開催してくださいました。
お客様方は、70%が男性社員でした。

バイキングで飲み放題のオーダも一緒に頂いていました。
当日のドリンクは、 80%が生と瓶のビールでしたが、





男性からも珍しく赤ワインワインカクテルゃ





ハワイアンオレンジカクテルのオーダもいただき、、美味しいと大変好評でした。







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 14:00Comments(0)お店の色々なお話

2016年06月18日

牛洋風しぐれ煮の作り方 その3

牛洋風しぐれ煮の作り方 その3

アクを取った後の肉は、鍋より取り出して、小間切れに切り分け再び
煮汁の中に戻し、再びに煮込んでいきます。
その際に、ニンニクとしょうがを入れて風味とお肉に香りを
加えます。
その後赤ワインとみりんを加えて煮込んでゆきます。




次にデミグラスとトマトケチップを加えて更に煮込みます。
その際に出てくるアクはきれいに撮ります。





更に、カットトマトの裏ごししたものを加えます。






続く
牛洋風しぐれ煮の作り方 その4
  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:16Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月17日

牛洋風しぐれ煮の作り方 その4

★更に三温糖・黒糖を加えて煮込みますが、特に砂糖を入れと鍋底に牛洋風しぐれ煮が
焦げる感覚が早くなります。

特に鍋そこから良くかき混ぜないと焦げ付くので注意が必要です。

★次にしょうゆうを加えてさらに煮込んでゆきます。



牛洋風しぐれ煮
★鍋全体の水分が飛んだら、塩・胡椒を加えて出来上がりです




★ビン詰め完了後、10分間煮沸殺菌をすれば、完成です。








  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:47Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月17日

牛洋風しぐれ煮の作り方 その2

牛洋風しぐれ煮の作り方 その2

●牛肉(照り焼きステーキ用の細切れ肉)の3倍の水を入れ
火にかけて、沸騰直前で弱火にして、その間もアクを取る。






●浮いてくるあくがほぼ完全になくなる、その状態になりれば
、火を止めて一晩寝かす。



翌日もう一度浮いているアクを完全にのぞきます。






次回へ続く
牛洋風しぐれ煮の作り方 その3  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 22:32Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月17日

牛洋風しぐれ煮の作り方 その1

今日ご来店のお客様から牛洋風しぐれ煮がワインと良く合い大変美味しいですが、
これはどのように作られいてますか・・・・・・?

★お店では、写真のように牛洋風しぐれ煮とクリームチーズに
クラッカーを添えて有ります。

牛洋風しぐれ煮とクリームチーズをクラッカーの上に半々に載せて
召し上がるとお口の中でうまく融合してとても美味しいです。

●特に赤ワインや白ワインに良く合い、食欲がすすみます。



牛洋風しぐれ煮の作り方を説明させて頂きました。
調理の際には、5点ほどポイントが有ります。

1・タッブリの水を入れて火にかけ、調理中のお肉から出てくる、アクは丁寧にとる

.2・醤油は、調味材料の最終の頃に入れる。
 (最初に入れると肉質が固くなる)

3・赤ワインは、出来る限り濃厚で有る方がしぐれ煮が美味しくなる
(ワインが薄いと濃厚なじぐれ煮ならない。)

4・瓶詰で長期保存用にするには、完全に水分を飛ばさないと
瓶詰にしても保存に耐えられない。

5・砂糖は白砂糖よりも三温糖の方がコクがあって牛しぐれ煮
適している。




続きは・・・・・牛洋風しぐれ煮の作り方 その2へ



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:04Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月15日

トマトカレーソースのハンバーグ

夏の新創作料理が河原町本店からスタートします。

★茄子チーズのハンバーグとサラダ・・・¥1150


トマトカレーソースのスパイシーな香りが食欲を
刺激します、
ハンバーグでこの夏の猛暑を乗り切りきるメニューです



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:14Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月13日

東京より 又、来たいです。

昨日、ご夫婦連れのお客様は、京都観光でご来訪され、伏見酒蔵を観光されて
その際に、ネットで当伏見店を調べてご来店下さいました。

牛肉の赤ぶどう煮をお召し上がりになられました。

お帰りの際に
、とても美味しかったです。
又、来たいです。


・・・・・・・とお礼の言葉を頂きました。

ご来店に感謝。・・・・・有難う。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:06Comments(0)お店の色々なお話

2016年06月10日

農薬を使わないミント

以前から、農薬を使わないミントを自家栽培をして
カクテル・ケーキ・デザートの飾りつけに使っています。



先日、ケーキに添えられている、ミントをお母さんが
お子様に食べてごらんと言って、食べさしている。





・・・その風景を観るにつけて、たとえ飾り用のミントでも
農薬を使わないで栽培している、意義を知りました。



★ほんの小さなことですが農薬を使わない食物を
育てる、事の大事さを改めて知りました。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:46Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月09日

農薬使わないバジルを育てる

只今、伏見店で提供している、季節ごとの創作メニューの
ソースに農薬使わなくて自家製バジルを育て、使っています。

( 鶏もも肉のグリル(新じゃがのマッシュ添え とサラダ・・¥1280 )
アンチョビとガーリックの風味が効いた、バジルソースでどうぞ。


お客様から、とても美味しいソースとパンを追加されて、そのソースを
綺麗に絡めながらお召し上がられていました





バジル葉は、特に新芽を虫が好んで食べるので
虫食い状態の葉が多いです。




それでは、農薬を使って虫を退治することも出来ますが、
農薬による健康被害を考えるととても使う気にもなりません。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 12:47Comments(0)一皿に賭ける想い

2016年06月09日

火曜日を楽しみに来ています。

滋賀県から毎週火曜日に京都へ商用でご来店されています。

男性のお一人のお客様は、いつもご来店されると
セレクトセットをオーダして下さいます。

昨日もご来店されて、・・・・・・・・美味しかったと言って
お帰りになられました。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:08Comments(0)お店の色々なお話

2016年06月08日

コレを食べたくて来ました。

昨日、ご夫婦のお客様は、今日はコレを食べたくて来ましたと
言って牛肉の赤ぶどう酒をオーダされました。

最後にライスを牛肉の赤ぶどう酒の残った、
ソースにからませながらお召し上がりになられ、

お皿は、まるでキッチンぺッパーパでふき取ったように
それはそれは綺麗になっていました。

余程と美味しいかったのでしょうね、



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:06Comments(0)お店の色々なお話