京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2017年09月07日

高知の赤牛を訪ねて その2

牛舎以外の放牧場には種牛の雄と子ずれの母牛が雨の
中でも放牧されていました。

★鼻からロープを掛けているのが雄の種牛



当日は雨なのですべての牛は放牧されておらず、
出荷間近の牛たちは、牛舎で一休み。

性格はとてもおとなしいくて人懐こいです。



★牛の特徴
高知の土佐赤牛は幻の和牛と呼ばれています、
全国の和牛160万頭の内でわずか1600頭しか
0.6%と占めている、希少な牛です。

★赤牛は程よい霜降りとその赤身の美味しさは、

(食味美構成要素の分析結果より抜粋)
他の牛肉よりも甘い、うまみ、まろやかさは優れています。














同じカテゴリー(一皿に賭ける想い)の記事画像
伏見夏の創作  その2
伏見店夏の創作料理 その1
:結球レタスが届く。
河原町店夏の創作料理・・・ その1
結球レタスの栽培業者を求めて。
メチャ美味しいカニコロッケ
同じカテゴリー(一皿に賭ける想い)の記事
 伏見夏の創作  その2 (2018-06-21 09:26)
 伏見店夏の創作料理 その1 (2018-06-11 12:19)
 :結球レタスが届く。 (2018-06-06 13:39)
 河原町店夏の創作料理・・・ その1 (2018-06-01 15:13)
 結球レタスの栽培業者を求めて。 (2018-05-14 23:14)
 メチャ美味しいカニコロッケ (2018-05-06 09:51)

Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:46│Comments(0)一皿に賭ける想い
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。