京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2008年02月08日

伏見店を快適な食事空間へ №2

伏見店を3月1日にオープンするその際に、奥のテーブルをかなり傷かあり、相当疲れていたので、この際に引退して頂き、新規のテーブルとして入れ替えます。


その際には全てのテーブル席を〔幅70cm奥行き65cm〕にしする、本来なら奥行きも75cmは欲しいのですが、奥行きがこれでは、ホールスタッフの料理を運ぶ際に、少し通路幅が狭くなるので、あえて65cmの奥行きとしました。


テーブルの天板には、天然のゴムの木を使った集成材〔このように天然木を張り合わせて作った天板〕のほうが長年使っていくにするには、一枚ですと変形やゆがみが出てきますが、集成材ですとこの現象が少なくて、テーブルの天板には適している。



又、厚さも3cm5mmとかなり肉厚の板を天板に使うのでお店の風格ととてもマッチすると思うので、設計士さんが探してくれました、
とてもテーブルの板にするには、気に入った天板になりそうでこれにすこし色合いをニス塗れ場、より落ち着きいた、色合いとなりその上風格ある、テーブルが出来そうです。
なんといっても自然の木の風合いには、当店のサラダ料理にはこの風合いは、ピッタリですよ。
お客様はもちろんですが、私は今からこのテーブルでお食事をするのを心まちに楽しみにしています。  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:47Comments(0)伏見店を快適な食事空間へ