京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2008年05月17日

サンチヨより伏見名水を訪ねて 第7歩

今回は、京阪中書島下車し、市バスにて城南宮下車又は、車で1号線名神京都南インター〔枚方・宇治方面〕下車し、国道1号線横の城南宮境内にある、菊水若水を訪ねます。

●城南宮への地図は、コチラ



●城南宮の宮水は、伏見の名水〔菊水若水〕として古来より名高く、奈良のお水取りや福井県小浜の瓜破水とも通じていると伝えられている。
私も名水を戴くと
〔すんなりと爽やかなのど越しの味がする名水で、ヨーロッパーの硬水とは違った、滑らかさな水です。〕

●古いたて看板にはこのような内容の言い伝えが銘記されていました。

〔江戸時代半ばの随筆に城南宮の菊水〔延命水・・・若水ともいう〕の井戸の水を飲むとあらゆる病が治るとというので毎日参詣
が耐えない、法界の歯痛も治った〕
とあるように病気の霊験あらたかでお百度を踏んで水を持ち帰り病人に授ける習慣があった。
又も奈良のお水取りの水は、若狭の国〔福井県小浜の遠敷、瓜破の水〕からこの菊水若水の井戸をえ経て、奈良の二月堂の若狭井戸に達しているとも伝えられている。




●赤い鳥居の奥に本殿があり、古式ゆかしい風格の有る神社です。
お車の安全祈願や家の立替の厄除け等のご祈祷に多くの方が遠方より参拝に訪れています。



●神社では、1月・5月・9月は神様とご縁が深くなる月〔初宮祭〕としてこのような昇りを立てかけて、月初めに神楽を舞って神様とのご縁をお祭りするそうです。




●お車での帰りには、当伏見店には、契約駐車場もご用意しています。・・・・・駐車場はコチラです。


当伏見店では、お客様から美味しいと満足の批評を戴いている。・・・・・・・牛肉の赤ぶどう酒煮込みを是非ご賞味下さい。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 07:49Comments(0)伏見の名水巡り