京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2009年07月25日

夏の休暇を魚釣りに

只今、毎年恒例のこの時期に社員に有給休暇を取っていただき、気分転化をかねて夏休みを促進しています。

私の夏休みは、勿論釣りに没頭する2日程度を今年も予定しています。

釣りは私にとっては、胃腸や肝臓の医者へ行くよりもはるかに良い精神的な治療法で、釣りの行くことでストレスも発散できますし、釣りの日程が決まると体調を整えるためにも夜更かしは極力避けて、すこぶる健康に注意します。

●先日、福井県のイカダへつりに行きました、其のときの釣りかを紹介します。

勿論帰ってからの食卓には、この魚が並びますが、スパーの魚とは雲泥の差で美味いです。

この美味しさは釣り人しか味合うことが出来ない、愉しみの一つでする



●このように自然に囲まれた湾内でのイカダにのって、一人静かに魚とのヤリトリを愉しみますが、時には、カゴメが心配そうに
さお先に現れます。




●ココのイカダは、これで2回通っていますが、イカダの周りに1m超える。スズキがいるらしくて前回も今回も釣り糸を切られ
合計4回もバラスしてお魚の顔を見ることが出来ません。
この夏休みには釣具と釣り糸を変えて、この巨大なスズキの顔を見たくて釣りに行く予定です。




●釣り場はこのような若狭湾の中で自然の一部に溶け込むように私も精神状態も一体させて無心に釣りに没頭します。
このようなことでストレスが無くなるのでしょうね。





★コチラの若狭の民宿 村松では、夏のファミリー釣り教室も開催されていますよ。

船釣りが初めてでも親切に教えてくれると大変好評のようです  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:27Comments(0)お店の色々なお話