京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2009年09月05日

ピオーネジャムソースの調理法 サンチョ

当店が有機栽培農家のピオーネを使いジャムを作り、只今、河原町店・伏見店で販売中です。
其のジャムをベースに赤ワインを煮込んだものと使いソースにしました。

秋らしいぶどうを使った調理法穂のご紹介です。
(ぶどうジャム以外でも、ブルーベリー・オレンジ。イチゴジャムでも活用できそうですよ)

●骨付きグリルチキンピオーネジャムソース添え
ぶどうのつぶづ感が残り赤ワインのほろ苦さを包み込んで甘すっぱいくて濃厚なソースが、チキンの味をより一層押しいくさせてくれる、とても贅沢なソースです。




●チキンも出きれば骨付きが~豪華な一品料理となります。
(チキンも色々ありますが、モモ肉のほうが焼きあがりは、美味しくなります)





●骨付きモモ肉を骨から身をはずし、身に包丁ですじきりの切れ目を入れると火の通りと身が縮むのを防がれます。

1.両面に軽く潮・コショウ・してフライパンでーに軽くバターを入れて、まず皮面を色づく程度焼きます。

2..次に裏返して焼きます、その際に赤ワインも軽く振りかけてフタをして中火で蒸し焼き風にして焼きますと柔らかな仕上がりのグリルチキンが出来ます。

3.仕上げにレモンを軽くし搾ってチキンの臭みを取り除きます。




●焼いている間にピオーネジャムソースを作ります。

赤ワインを200CCを約1/3程度迄煮詰めて、オーネジャムすフープ4杯程度と混ぜてソースを作ります。




●ピオーネジャムソースが出来ました。このソースを出来上がった、骨付きグリルチキンのお皿の前に添えれば完成です。
(お好みにより上記の対比は加減してください)

見た目も豪華なグリルチキンですが、ソースとの相性はとても良くて美味しいです。



無添加有機ぶどうジャムのは伏見店でも販売中











  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 12:35Comments(0)一皿に賭ける想い