京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2011年01月29日

伏見の清酒きき酒開催 №.2

この時期になると毎年恒例の伏見地区の酒造メーカー10数社が一同に集まつた、
新酒の披露を兼ねて利き酒会と蔵元イベントが同時に3月19日(土)9時30分より午後4時まで開催されます。
チケットがないと利き酒会には参加できませんのでご注意下さい


当店にもアルコールメニューとして日本酒がありますが、特に伏見地区で製造されている、日本酒を限定して取り揃えています。

利き酒会の会場は2つのところ開催されますが、いずれも当店より徒歩5分程度です。

チケットは下記の会場で前売り券1000円で販売されています。
700名限定なのでお早い目に購入お願いします。

 会場その.1
 ★伏見蔵元 季節限定新酒きき酒を御香宮神社






★地図でご案内





会場その.2
 ★伏見蔵元 自慢の銘酒きき酒を伏見夢百衆




★地図でご案内







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:35Comments(0)お店の色々なお話

2011年01月29日

ヒヨドリも安心して食べている

先般、伏見店の庭で無農薬・有機肥料で育てている、グレープフルーツをジャムとして作り、河原町・伏見店で販売していますが、其の実が割れたものを自宅のベランダにおいて置きました。

★昨日から、ヒヨドリがこのグレープフルーツを食べに飛来してきています。
無農薬で栽培しているグレープフルーツなので、安心して食べているようです。





★釣場に行くと近くにカモメが釣れた魚のオネダリによく来ますが、通常の魚をやると食べますが、ふぐだけは、何度やつても絶対食べませんね。

動物の本能には、このような毒性に対する警戒心がかね備わっているのでしょうね。


以前有機肥料の農家の畑には、他店の畑よりもモグラが多く住んでいてとても困っています。
コレは動物の本能で農薬を使ってい無いので、モグラも食べるものに安心している、
・・・・・らしいと話されていました

・・・人間も少しは安心して食べられる食品について、見習うべきだろうと想いました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:39Comments(0)料理の面白さ