京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2011年09月13日

有機ぶどうジャムの作り方 その2

前回、8月23日から続き
有機ぶどう 、ピオーネの収穫時期は温室栽培から路地栽培となりますが40日程度で終わります
その期間は、通常の仕事をしながら有機ぶどうジャムを作るので、この期間は大変です

★有機ぶどう農家(京 山科観修寺 はいから農園)より仕入れて自家製無添加にこだわって有機ぶどうジャムを作ります。



★特にこの有機ぶどうジャムは、ぶどうの粒を残して食感を大切にするのと
無添加にこだわった2点でピオーのぶどう本来の素材の味を味わって欲しい、
そんな願いをこめて作ります。


煮込み途中のアクを取り除いていきます




★有機ピオーネに砂糖を加えます




★有機ピオーネを煮込んでいると最後のほうになるとジャムらしい粘りが出て来ますと
レモンを絞り加えます。




★鍋の中の有機ピオーネがジャムらしく手ベラに粘りつくようになれば出来上がります、

そのジャムを煮沸殺菌した、ジャム瓶に瓶のフタまで詰めれば完成です。
その際になるべく空間を作らないように98%ジャムを詰めて軽くフタをします


最後に瓶詰めしたジャムを鍋に1/3水をいれて沸騰後10分程度煮沸殺菌し、
完全に冷めた後にもう一度きつくフタをしますと完成です






★販売先は、河原町店・伏見店にてお買い上げできます。  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:47Comments(0)一皿に賭ける想い