京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2014年08月07日

高級魚のアコウの釣方

高級魚のアコウの釣方

●アコウを狙う際の釣場のポイント

夏場には、特にファミリーで岸壁からの投げ釣りをする機会が多くなります。、
その際に特に投げこむ先がゴロゴロとして岩場には、高級魚のアコウが
住み着いています。
(投げる先のポイントが砂場の際には、鯵やキスが良く釣れます)





●アコウを狙う際の仕掛けとエサのポイント


アコウ好むエサは、ゴカイ又は、マムシですが、
最もよく釣れるのは、生きた鯵が好物で特によく釣れます。


それには、まずサビキで鯵を釣、そのアジをエサにします。

小さいサイズ(15cm程度のアコウ)を狙うのなら、生き鯵は、7cm前後

大きいサイズ(20cm以上のアコウ)を狙うのなら、生き鯵は、15cmぐらいまで

釣り針を生き鯵の鼻かけ(口と目との間にかける)にする
又は
鯵の背中の真ん中に釣り針をかける。

●仕掛けは、ヒラメ釣り用の掘り込み仕掛けで釣ります。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:52Comments(0)釣りの面白さ

2014年08月07日

魚(エソ)の調理方法

●昨日、若狭湾に釣に出かけましたが、夏になると底ものとしての
魚(エソ)が良く釣れことがあります
(写真の上に黒く長い魚が・・・エソです)



●身は白身でかまぼこの原料としてハモに次ぐ高級魚として
扱われています
( 写真は、エソを3枚なおろした状態です )




●エソの身はハモとど同様に小骨がたくさんあり、
骨切の調理方法が必要です。

骨切した身は、特にムニエルがお勧めですが、
フライも美味しいです。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 14:48Comments(0)料理の面白さ