京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2017年02月23日

洋風しぐれ煮は、格段に美味しくなりました。

洋風しぐれ煮をどのように調理すれば美味しくなるのか、
以前から色々試行錯誤してました。

以前から、当店が現在メニューに提供している、国産牛のヘレステーキ肉の筋と
少しの脂身を使ってお店のスタップが以前より賄いにカレーを仕込んでいました。
筋肉とは思えない程柔らい筋肉カレーをとして食べていました。





このまかないカレーをヒントに洋風しぐれ煮を作る際に
一部使って仕込みました。






照り焼きのカイノ身だけですと少しパサつきますが、
国産牛のヘレステーキ肉の筋と少しの脂身を入れる
ことで、洋風しぐれ煮が全体的にまろやかと肉自体に
コクとうまみも増してよりおいしい味に仕上がました。

先日もしぐれ煮オードルをオーダされたお家族連れの
お客様は、子供たちが半分以上も美味しいと
取られと言って嘆いておられました。

本当に美味しいと決めてくれるのは、お子様です。

ご来店に感謝。。。。。有難う。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:40Comments(0)一皿に賭ける想い