京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2006年10月26日

つりのもう2つの楽しみ。

人それぞれのつりの愉しみ方は、色々ありますが。私は釣れれた魚を食べるのがとても楽しみして毎回つれるところの情報を探してから出かけます。
今回は、若狭高浜、大井の筏でおアジが良くつれいてるとの情報で昨日、お店の釣り好きスタッフといってきました。
当日の天候はこの写真のように午前8時30分に港を出た時からこのように今もあめが来そうな天候で午前中はかろうじて持ちました。

、午後は、ときおり激しく降り大変な1日でした。
(前日の天気予報では、曇晴れのマークなので安心していましたが、予報は完全に裏切れ)
けれどこの天候が幸いしたのか、午後5時の納竿するまで途切れも無くアジか連れていました。
(ココの筏は水深は、浅く8m位なので天候がよいと人影か魚に見えるらしく食いが途中止みます)

久しぶりの大漁で120匹あり、ヒラメ、カワハギ・メバル・アオリイカ・セイゴ・サンバソウ・アジと多彩な五目釣りです。

(アジのしょうゆう付けの調理方法)
1.つれたアジは、腹開きにしてしょうゆうに3時間程度漬け込みます。


2.自宅では、ベランダで下からこのように洗濯ばさみで干したアジを扇風機を弱風して風で乾燥さ  せます。
(風はなるべく自然な風かある時は、それに任せたほうがはるかに旨いですが、都会はそうも行きませんのでこのようにすると良い)

3.多く作れば人数分毎に小分けにして密封して冷凍庫で保管し、召し上がる分ごとに取り出し焼き上げます。
★スーぱ等で売られている、干し物味とは、焼き上がった際の身の感触は柔らかく、味は雲泥の差あが有ります、一度この調理方法をお試し下さい。





Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 19:22│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。