京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2006年12月08日

本物淀大根。

本物淀大根。先日、淀大根を有機肥料で栽培されている、久御山農家を尋ねて、この冬に京都らしい野菜との組み合わせで通販をを出来ないかとお話に溢て来ました。
その際のお話で大根とは、この久御山地区の淀[東一口(ひがしいもあらい)]地区で栽培されている、淀大根でこのシール(写真の丸い印刷された、淀大根のシール)を張ったものを正式には淀大根として出荷しています。
この地区以外で栽培されたものは土質の違いで、煮物などにすると煮崩れなど起きやすいので御注意下さいと・・・・・・・・・農家の方が言っています。
(通販や、店頭では淀大根としてこの地区以外のものが多く販売されています)

◎この地区の淀大根は、煮物にすると型崩れしなくて、お口の中でとろけるように美味く、実際私か調理してもそうです。

  ★★ 淀大根の京風サラダ ★★
本物淀大根。◎1.京水菜を5cmの長さに切つた物とレタスの細切りと淀大根の細切りを混ぜ合わせて、
 2.水に10文程度晒した後、良く水切りして冷蔵庫でよく冷やします。
 3.召し上がる直前に、当店のゴマドレッシング又は、野菜ドレッシングで召し上がるととても美味い。




Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。