京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2006年10月14日

秋を満喫の五目釣り。

先日(11日水曜日)若狭町の神子(ミコ)の筏に五目つりにいってきました
京都を出る時から雨で、現地でも時折激しく降る雨でしたが、午後からようやく曇り空になり、帰る頃になりようやく夕日がきれいに見える空になり、急変する天候の1日でした。
数日前まで低気圧を日本海側が通過した後で、海の底はかなり濁っていました。
今回は、小鯛が食べたくてつりに来ましたが、結果は、めざす鯛は、1匹も釣る事は出来ませんでした。
どうも底ばかりに鯛がいると思って、本命の棚(魚が群れているところ)は違うところにいたようです。
(後で、船頭曰く・・・・鯛の棚は底から4ひろ程上がったところに現在いるそうです)

●商いも棚が違うと中々其のメニューがヒットしないところは魚つりも似ていますので、本当に釣りの
道も、商いの道もよく似ていて、本当に面白いですよ。

けれど丸々と太った20cmのメバルとアラの子と15cm味を煮付け後の小鯵は南蛮漬けに゜して
又、
中鯵はムニエルと似て、多彩な調理方法で秋の鯵(丸々とゆ良く脂が乗って旨い)を満喫しています。

これから海釣りにお出かけの方、特に日本海側は、このようにコロコロと天候が変わり、コレから先の気候は、特に天候の急変に気おつけて楽しい海釣りを愉しんでください。夜のアオリイカもコレからが最盛期ですか、天気予報をチェックして万全にしてお出かけ下さい。



Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 19:55│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。