京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2019年10月19日

若狭湾の秋サバ釣、レモンドレ添え

秋も深まりゆくと若狭湾にも脂のった、秋サバが
釣れてきます。




●撒き餌さのポイント
撒き餌さも一工夫すると秋サバや高級魚のアラが
良く釣れます。

エサ籠にアミエビと下記(オキアミのスライス)の
割合を6対4で混ぜ合わせてブレンドすると
アミエビの単品よりも大物が良く釣れます。




調理方法

1.釣れたサバや大きなアジをこのように3枚
おろして塩をきつめに振りかけて3時間程度に
ラップして冷蔵庫に入れて身を締めます。




2.次に水で塩を洗い流し、酢とお砂糖と削り昆布で
魚の上から身が被る程度に漬け込み、
上の身の表面が白くなれば、裏返して
漬け込みます。
合計2時間程度です。




3.マナ板に皮を下にして身をそぐように
薄く削ぎ切してお皿に盛り付けた後



4.和風レモンドレッシングに好みでワサビを
入れても良いですが、単品でも十分です。

ぶっかけて召し上がると秋サバがとても美味しく召し上がれます。
鰺やアラも同様に調理すると又、一味違って美味しくなる。






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:09Comments(0)釣りの面白さ

2019年09月05日

初秋の若狭湾での釣り方。

初秋、若狭湾での釣りにはいろいろなしかけで目指す魚を
どのようにして釣るのか、・・・・・?




それはまるでお客様に来店して頂く為に工夫してお店を
どの様にすればすればよいのか・・・・?

まるで考えることは、よく似ています。
だから釣とお店の類似しているところが、2点とてもに奥が深くて面白いです。

真夏頃から魚の集まるところが若狭湾沖の岩礁より
湾外の近くの岩礁付近に釣り場が移動しています。




釣る魚によって撒き餌にも変化が有ります。
(先日、上記の写真を釣り上げた際の、マキエサの作り方)

1・初秋には、エサ籠に入る撒き餌は、オキアミとグレ釣用のオキアミをカットした、
撒き餌さを1対1の割合でブレンドして作りカゴに入ます。

2・撒き餌さ窓を1/10程度まで空けて使います。

3・鯵と鯛の針4本仕掛けぐらいが、カラマズ使いやすい









  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 06:57Comments(0)釣りの面白さ

2019年08月01日

夏炎天下の若狭湾の釣

釣りも天気に左右されることが多いです。

特に夏の炎天下の釣は、釣りが好きでも酷暑には勝てません。

夏のカンカン照りで雲一つなくて風もない日は、水深60メートルの
若狭湾沖でも海面下の底まで日が差しています。

魚は警戒してエサにも食いつきません。

海面上に風と波が有ればこれが克服できて、魚の食いが
良いのですが、特に夏の釣にはこの天候の要素が大切です。


本当に釣は色んな要素が絡まって折、自然とうまく付き合って
魚釣りを考えて釣ります。

本当に奥の深い趣味です。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 22:57Comments(0)釣りの面白さ

2019年06月30日

梅雨入前、若狭湾沖の釣情報

梅雨入り前、若狭湾沖での釣りは、例年なら大鰺が釣れる時期なのです
しかしこのような状況です゛

カワハギ、レンコ鯛も小振りです。

数も釣れなくて最近、特に苦戦しています。





漁師さん曰く

昨年は、北陸地方のドカ雪で山からの雪解け水が若狭湾の
プランクトンの発生を促し、それによって小魚が大量に沸いて
それを目当てに大きな魚が湾内に入り込んできます、

昨年のこの時期は、大鰺【30㎝前後】も良く釣れました。

6月の大鰺釣

地球の異常気象はこのようなここのような
海の釣状況にも表れていると考えられます。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 22:50Comments(0)釣りの面白さ

2019年04月23日

春、若狭湾での桜鯛釣り。

春の桜咲くこの時期に 若狭湾沖では、桜鯛が釣れ出して来ます。

沖合の岩礁付近が鯛の産卵するのに適しているので
この周りでよく釣れだしてきます。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 16:25Comments(0)釣りの面白さ

2018年09月20日

若狭湾鯛釣り仕掛け・その3

昨日の鯛釣りの釣果です。




昨日の若狭湾での鯛釣り仕掛けはこのように作りました。

鯛釣り用のマキエサかごを改良して、編み目の間隔を
少し狭くしてアミエビが大量に出ないように改良しました。

1.そのかごへオキアミを7分目入れます。


2.そのかご下にロケットかごにアミエビ7分目入れ
てジョイントします。

3.次に市販の鯛用仕掛けを付けて最後に60号の
重りを付けます、。
この仕掛けは、大型の鰺も鯛も良く釣れました。




昨日の天気は、午前中は、曇りで風も波ありました、

午後は快晴となり午後4時に納竿して帰路につきました。

写真は、釣場のポイントヨリ若狭湾内を望む








  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 22:55Comments(0)釣りの面白さ

2018年09月07日

初秋の若狭湾大鰺釣

先日、台風の前日にお店が夏休み【3日・4日・5日】なので
若狭湾沖へ大鰺を狙ってでかけました。

空はもう秋らしい雲がちらほらでしたが、午後3時ころより
台風前日でもあり、波と風がきつくなり帰港しました。

釣り課はこの通り



翌日、アジのタタキをつくりました。

1・ 大鰺を3枚におろして身を斜めヨリそぎ切し、
.包丁でさいコロ状態になるよう切ります。

身をそぎ切にする訳は

大きな鰺ともなると中骨も太くて
縦に切るともろに骨が゜残るのです。

そぎ切にする方が骨が短くなり、

食べる際にのど越しが良くなる




2・ 別に大葉・生姜・にんにくも米粒上になるように
細かく切ります。

3・.最後に両方とも軽く合えて器に盛り付けます。

4.サンチョ和風レモンドレッングとわさびを好みの量に入れて
小皿に入て鯵のタタキを付けながら召し上がります。






  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:05Comments(0)釣りの面白さ

2018年08月02日

灼熱太陽 若狭湾での釣り心得

今年の異常気象で若狭湾への海釣される方へ

昨日も39度の猛暑の中で海釣りは、船には
日陰のテントを設置されている釣舩は少ないので
熱中症対策を万全にして釣に出かけ下さい。





夏の釣心得
1保温ポットに.水出し麦茶にを入れて、お茶が出たら
氷を入れて冷たくして持参し、水分補給を小まめにする。

2.・保冷用クーラにアイスノン又は、保冷材を入れて
スイカを1/8カットして入て、もぐもぐタイムの際に、
スイカに塩を振りかけて塩分と甘みと水分補給に最適です。

3.帽子は翼の広い麦わら帽子が゛最適です。

4.タオルを首に巻き付けると日焼け止めと流れて来る
汗取りに最適

5.シャツは長袖で風が良く通、薄手の生地が最適です。

6.サングラスを忘れずかける事

7.釣り用手袋又は、ダイソーにて手袋を買い親指・
人差し指・中指の先を挟みで切り取り着用。
日中の日焼けと魚を取り扱う際にすへ゛らなくて便利


8..魚の食いの良い朝早くか、夕方に合わせて出かけ。
日中の食いの悪い時間帯を避ける。

9..帰港後は、ズボン、下着等を着替えてから帰路に就く。

汗も対策もしっかりとして大事です。

10.釣れた魚のクーラにはもう一度氷を補充して帰ると
ヨリ鮮度か保たれて美味しく召し上がれる
.




昨日は、午前5時に釣りに出かけ、お昼には帰港しました。
釣果は、鰺とサバと甘鯛、エソでした。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 22:29Comments(0)釣りの面白さ

2018年07月20日

夏炎天下の若狭湾の釣

連日の猛暑での若狭湾釣りですが、少し風が有って
昨日は炎天下の釣でしたが、助かりました。


水分補給には、スイカに少しの塩をかけて水分給を
しのぎました。
勿論ポカリスエットを適度に飲みながらの釣です。



写真の黒い魚は、エソです、
とても怖い印象の魚ですが、今が旬゛で産卵時期でもあり
とても丸々と太っています。




高級かまぼこの材料として貴重な白身の魚です。

三枚開きにした後に、骨切をしてムニエルやフライにすると
とても美味しい魚です。

自家製レモンドレシングをかけて召し上がります。











  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:53Comments(0)釣りの面白さ

2018年06月22日

旬の鯵にレモンドレを添えて・・・

釣れた魚を食べる、これぞ釣人にとっては、最高の贅沢です。

特に今が旬の鯵には、脂ものってきており塩焼き、ムニエルと最高にうまい。




鰺のタタキをレモンドレにわさびを少し混ぜて食べるとポン酢や
刺身しょうゆうよりも格段にうまい。



嘘だと思うなら・・・・・一度お試し下さい。
たいていこの味にハマリマス





作り方

№.01

釣れた魚又は、お刺身用の鰺で中ぐらいを3枚におろします。

大葉とニンニクと生姜を微塵切にする

3枚におろした鰺を1cm角のサイコロ上にカットしてその
微塵切にしたのとほんの少量の塩とで軽く混ぜれば
出来上がる



№.02
当店の自家製和風レモンを別皿に少し入てワサビは、
好みの量で混ぜ鰺のタタキを付けながら召し上がる

赤ワイン又は、白ワインが有れば最高に美味しです。



















  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 13:44Comments(0)釣りの面白さ

2018年05月25日

若狭湾の鯛釣り仕掛け その2

その1.
0釣の楽しさは、自分が描いているイメージ道理に
魚が釣れることの楽しさは、釣人しか味わうことが
出来ない至福の満足感がある

今回の鯛は、天秤を使って鯛釣りしかけでつりました。
この仕掛けですと鯛が良く釣れました。


イラストを参考に仕掛けを作ってみては・・・・・




その2
釣れた魚を食べる楽しさ
今回は、塩焼き用に鯛と鰺を調理しました。

特に今から6月後半未かけて鯵が産卵期に入りますので、
脂がのってとても美味しい時期です。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 11:48Comments(0)釣りの面白さ

2018年05月16日

若狭湾の鯛釣仕掛け その1

若狭湾では、30cm前後の大鰺が良く釣れていますが、
同じポイントで仕掛けを変えると鯛が良く釣れました。




撒き餌さは同じです。
【前回の大鰺用のマキエサの自作ブレンド】
撒き餌作用のアミエビ3に対して刺しエサ用のオキアミLサイズ1の
割合でブレンドしたもの網籠に7分目入れる。


このマキエサのブレンド゜した方が、大きな鯵と鯛がよく釣れました。
単発のオキアミよりも食いが良いので是非試してください。






鯛仕掛け【自作の仕掛け・・・・市販の天秤を基本】に変えると
鯛がいる棚のポイントで釣れます。

海底【砂地又は岩礁】より5メートル上で、昨日はよく釣れました。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 16:40Comments(0)釣りの面白さ

2018年04月24日

春の大型アジを釣る方法・・その2.

この時期若狭湾沖特に 県漁礁 【 県が作った人工的に魚を繁殖さすための漁礁】には
このような特大の鬼鯵(鬼鯵と呼ばれている40cm以上の大型アジ)がまれに釣れます。

 (8人前のムニエルで調理して食べましたが、脂ものってとても美味しかったです)
春の鯵の旨さを満喫しました。





春の大型アジを釣る方法・・その2.

まき餌かごの大型サイズにマキエサ用のオキアミを2/3と
刺刺しエサ用のエルサイズのオキアミ1/3をかごに合計7分目入れて
釣ると大型の鯵が良く釣れます。

かごに満杯入れると撒き餌がスムーズに出ませんのご注意


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:16Comments(0)釣りの面白さ

2018年04月23日

春の大型アジの釣る方法・・・その1。

春先の若狭湾沖では大型の鯵が釣れだしてきています。

若狭湾沖では、水深80メートル以上になるので1匹かかるとすぐに
引き上げるととても効率の良い釣りができません。

まず1匹かかるとスローに巻き上げてゆくと鰺は、群れになっているので
それにつられてサビキのエサも上がってきます。

そのスローなエサに他のアジがて食いつきます。

この方だと2匹~4匹と良く釣れます。

この連休にお子様と岸壁で小鯵をサビキで釣る際にも
この追いかけ釣り方法ですると数が多く釣れます。

特に岸壁付近の小鯵は、1匹釣れても次の鰺が
゜釣れるまで上げるのをストツプして待っていると
次々と面白いように釣れます。゜


★鰺が釣れたら、絶対急いで巻き上げないのがコツです。





  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 15:15Comments(0)釣りの面白さ

2017年06月23日

鬼鯵の薄造り レモンドレ添え

今が旬の鯵も大きい小さい色々ありますが、若狭湾で
釣れている大きな鯵で40cm以上の鯵を(通称・・・鬼鯵)と
呼ばれています。

1.鬼鯵を三枚おろして皮を引いて腹骨を取り除き、
薄くそぎ作りをします。

2.刺身の上には、玉葱のスライスと大葉の千切りを混ぜ追わせて
少し水にさらした後、軽く水切りをし、薄造りにした、鰺の刺身の
上に盛り付けます。

3.鯵の薄造りと玉葱のスライと一緒に、別皿の
和風レモンドレシングにわさびを入れて混ぜ合わせた、
ソースををつけながら召し上がります。

4.鯵の刺身の臭味も消えて、食欲が増して大変美味しいです。
ワインやお酒がとても良く合います。



昨日、若狭湾で釣れた、鬼鯵は43cmありました。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:00Comments(0)釣りの面白さ料理の面白さ

2017年05月27日

アコウのサラダ、レモンドレ添え。

アコウの刺身を作り、サラダの上に盛り付けます。

別の器にレモンドレシングを入れ、少しわさびを入
りて混ぜて刺身を付けながら召し上がります。

(さしみのツケダレとしてとても良く合います)

サラダには、レモンドレシングを良く振ってから、
掛けて召し上がります。





春の根魚釣にはアコウ(別名アラとも言われている)、高級魚で
中々手に入らない魚です。




ガシラやアコウなどは岩礁の多いところや築瀬(人工的に作られて漁礁)に
住処としているところで釣ります。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:10Comments(0)釣りの面白さ

2016年10月14日

レモンドレシングで秋のハマチを食べる

先日、お友達と3名で若狭湾へ釣りに行きました。

お友達には、ハマチが2匹一緒に連れたのに、私には、
鯛一匹とガシラ一匹の散々釣でした。

気の毒に思ったのか、ハマチ一匹を貢いでくれました。

お店のレモンドレシングとハマチの薄造りで

(ハマチの薄造りをレモンドレシングにわさびを入れたソースで食べるととても美味しく、食欲がすすみます)


赤ワインのソーダ割で秋のハマチを堪能しています。

この美味しさは、釣り人しかわからない至上の幸せです。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 23:25Comments(0)釣りの面白さ

2016年07月05日

今が旬の鯵を釣る方法め・・その2

釣が大好きな私には、釣ることは勿論ですが、
その釣りあげた魚を食べることの幸せは、
何事かえられない至上の楽しみでもある。

今が旬の鯵は煮つけよりも塩焼きのほうが
焼くと鯵の脂が表面を覆ってくれています。
因って
焼き上がりのぱさつく感がなくて通常季節の
鯵よりもとてもおいしいです。


今が旬の鯵を釣る方法め・・その2

1.釣り仕掛けは、サビキを使い針は
6本仕掛けよりも4本のが使いやすいので
おおすすめです。

2.サビキ仕掛けの擬餌針にさらに刺しエサの
Mサイズのオキアミを付けるほうが断然食いが良い。

3.釣り竿は2~3mの短めの竿で穂先は柔らなを
ほうが鰺が連れた際にに口が破けて脱落しない。

又、
穂先の柔らなほうが魚信がと知りやすく、釣果に
繋がる。

4.重りは10号ぐらいを使わないと潮の流れに流されます。









  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:04Comments(0)釣りの面白さ

2016年07月01日

今が、旬の鯵を釣る方法・・その1

夏前の脂が乗った今が、旬の鯵を釣りに




先日、福井県小浜の泊りのイカダへ出かけました。
水深10メートル前後あり、つり上げまでの魚との駆け引きも
出来て手ごろな深さで面白いです。





エサ籠は、船頭さんから借りた、大きめのかごに
まき餌かごの扉を3/1位開いてまき餌を詰めた
方法が特によくつれました。


小さなかごは水深が有るので海底に届くまで
まき餌がなくなるので鯵があまり、釣れませんでした。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:06Comments(0)釣りの面白さ

2016年06月23日

久しぶりの船釣り

先日、1年3ケ月振りで取引先の皆さんをと一緒に若狭湾へ
船釣り行ってまいりました。


海底には多くのクラゲが蔓延しいると見えて、釣りあげてくる
釣り針先にはクラゲの残骸がついてきます。

(若狭湾全体にクラゲが大量にに発生しているらしい
と船頭さんが言っていました)

私の所見
地球の温暖化による海水温の上昇により、海水温が1度上がると
海の生態系が変わるとも言われています。
それが要因かもしれませんね


釣りの成果は今一つでした。




梅雨の鯵は、脂の乗りもよくとてもおいしいくです、
このうまさに惹かれて海釣りに行きます。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:57Comments(0)釣りの面白さ