京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2011年01月27日

有機グレープフルーツ酒を仕込む

3年前より酒税方が改正となり、自家製果実酒(3年前よりグレープフルーツ酒・ゆず酒・ぶどう酒)が自店でも仕込が可能となり、お客様へ提供できるようなりました。

今年も当伏見店で有機肥料で栽培している、グレープフルーツを使い、有機グレープフルーツジャムを仕込んでいます。

★特に小ぶりのグレープフルーツは、ジャム用に作るには、余りにも実が小さいとジャムとし仕込むのには手間がかかりすぎて使えません。

この収穫した、グレープフルーツと焼酎酒と氷砂糖で無添加グレープフルーツ酒を作りました。
3ケ月後には召し上がることが可能です。



★昨年仕込んだものを飲んでいますが、一般に居酒屋さんが提供している、チュハイのグレープフルーツ
酒よりも自家製グレープフルーツ酒を炭酸で割ったチュウハイの方がコクがあります。

先般の新年会のパーティのお客様に提供した折には、果実の濃さが残っており、とても美味しいと言ってくださいました。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 01:47Comments(0)一皿に賭ける想い