京つう

  アウトドア  |  伏見区

新規登録ログインヘルプ


2011年02月27日

ドイツ人も旨いとうならせた

昨日、外人さんとそのお連れさん、3名がご来店下さいました。

外人さんはメニューを見ながら、英会話が出来る携帯の画面を見ながら、お連れの女性と食事のオーダで相談されており、召し上がりたい料理に迷っているように想われました。

そこでお連れの女性に彼のお生まれ先をお伺いするとも、男性は、ドイツから京都の会社に、エンジニアーとしてお連れの男性先会社に訪問されているそうです。


そこでお生まれ先の普段の食事(ドイツはソーセージが有名)を考量して、2品の料理をオススメして召し上がって頂きました。

★当店の洋食ハンバーグとサラダ




★ローストビーフとサラダ(当店の常連さんが好んで召し上がる)





●お帰りの際には、外人さんからローストビーフも美味しいが、それ以上に洋風ハンバークはお肉もソースも
とても美味しかったと大満足でした。・・・・・・・賞賛のお言葉も頂きました。

余程おいしかったのでしょうね、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
お帰りの際には、店頭入り口で記念撮影に、是非との要望があり、彼と二人で肩を組んで記念撮影も指せて頂きました。
  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 08:52Comments(0)料理の面白さ

2011年02月23日

マルイ京都店オープン その1 サンチョ

当河原町店より1分の所に、以前阪急デパートが有りました、その跡にマルイ京都店が4月27日にオープンします


帰宅途中の午後10時ごろも建物中には、工事が進められており中からは時折大きな工事音が聞こえてきます
マルイ京都店がオープンすることで四条河原町も今以上にお買い物のお客様も増えるでしょうね。

当店にご来店される女性のお客様(年齢層20~30代) とマルイさんの購買層がとてもよく似ているのでお買い物帰りにご来店頂ければ尚嬉しいですがね。

特にお昼のランチなどにご利用していただければ、野菜もタップりとついておりね栄養バランのとても良いので女性には、是非オススメしたいランチだと想います。  

 お昼のランチダントツの1位メニュー

 ★テリコロランチ・・¥1000

 ★照焼ステーキ・サラダたっぷり・カニコロッケ・ライス(減農薬米)




お帰りには、通販でも店内でも販売しています、自家製無添加ドレッシングをお買い上げくだされはもとても嬉しいです。







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 09:19Comments(0)河原町店近辺のみどころ

2011年02月21日

スープハンバークの美味しさの秘密

当、河原町店は寺町通り・新京極通りから西側のオーパの西裏入り口前にあります。




当店のメニューはソースから料理まで全て手作りを志向なので、他店のファミレスよりも少し時間が掛かります。
例えば、
只今、お客様から2倍の美味しさが味わえると、現在、好評中のメニュー場合ですと、

参考例・・・・スープハンバークでもこのように手間と時間が掛かっています。

1.淡路産(玉ネギも色々と有りますが、甘さが一番多い)のタマネキをあめ色までじっくりといためますと自然な甘味のあるソースが出来ます。

2春野菜とキャベッと鶏がらで煮込んだブイヨンを取り出し、野菜本来の甘味のあるスープになります。

3.自家製手作りのハンバーグをじっくりと焼き上げた物を手鍋に入れます。

4.上記の1と2を加えハンバーグの煮汁がスープに映るまで煮込めば出来上がります。


★このような調理法でスープとハンバーグ共、美味しさが2倍になりますが、
少し時間がある方は、是非お召上がり下さい。







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 13:56Comments(0)一皿に賭ける想い

2011年02月18日

伏見の清酒きき酒開催 №.4

前回より続き
日本酒ファンには、新酒のきき酒会は、いろんな蔵元が参加されており、1年で今年のお酒の出来具合を楽しみにワクワクしてお待ちでしょう。

新酒の披露を兼ねて利き酒会と蔵元イベントが同時に3月19日(土)9時30分より午後4時まで開催されます。
チケットがないと利き酒会には参加できませんのでご注意下さい

★チケットは御香宮神社がお車や電車(京阪・近鉄・JR線)でも便利です。





★限定700名なのでお早くお買い求め下さい、今回も早くに完売されたそうです
チケットが売り切れても指定の蔵元イベントでは、新酒の試飲も開催されており、無料で参加できます。

当店が伏見のお酒を限定販売している蔵元も参加されています。








★各会場では、伏見土産・粕汁の販売・などが同時に開催されています。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:11Comments(0)お店の色々なお話

2011年02月15日

バレンタイデーのお祝いを

先般、バレンタイデーのお祝いをしたいのでご予約頂いて降りました、昨日、雪の降る中カップでご来店
くださいました。

夕方より本降りとなり、足元が悪い中のご来店にとても感謝しています。

★カップルでチョイスコースをお召上がりになりました。
彼は、ローストビーフをメイン料理としてオーダされ、彼女は、牛肉の赤ぶどう酒煮をオーダされました。




★最後のデザートは彼女より、彼にガトーショコラのフルーツをたっぷりと盛りつけた、
デザートを事前にご予約頂いたのをお出しさせて頂きました。
彼女はチーズケーキをデザートとしてオーダを頂きました。


(写真のガトーショコラにフルーツを飾りつけて)







  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:05Comments(0)お店の色々なお話

2011年02月11日

又、食べたい ローストビーフの秘密

昨日、電話でご予約されていました、ご夫婦連さんのご主人さんは、有機人参スープとローストビーフをお召上がりなりました。

スープも美味しいが、ココのローストビーフは、いつも食べるが、又ね食べたくなるような味で、大変美味しい・・・・・・・・ね。

おお褒め頂き、有難うございます、何も差し上げられませんが、お冷をサービスさせて頂きます。
・・・・・・・何も無いのかね・・・笑う。

寒い中ご来店に感謝します。・・・・・・有難うございました。


★このように当店には、常連さんが伏見店に来店されたら必ず指定される料理があります。
このローストビーフメニューもその中の1品です 


ローストビーフの美味しさの秘密

ローストビーフに使うお肉として当店では、牛一頭より2つしか取れないイチボ肉(お尻の大腿肉部位)の脂身をそぎ取り、塩・胡椒でみ込んだ後、野菜と一緒にオープンでじっくりと焼き上げます。
この調理法で余分な脂も滲み出ます。

肉のステーキよりもヘルシーなメニューとして召し上がれます








▼京都のお得なクーポンサイト!「TRY-COUPON.」はこちら


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:21Comments(0)一皿に賭ける想い

2011年02月09日

驚きの人参スープの秘密

当店には、数多くの素材までこだわって身体に美味しいものを作り客様に提供させ頂いています。

飲食店にとっては、コレは当たり前のようで、このことが凄く難しいことが、飲食業に関って45年経したが、最近ようやく解りかけてきました。

例えば、冬から春の上旬に提供している、当店の有機人参スープでもそうですが、人参も中国産・北海産・等色々有り増す。
只今、京都下賀茂の有機野菜を契約農家より仕入れてスープを作っています。

昨日も有機人参スープをお召し上がりられた、お客様は、この人参スープは、人参特有のクセもなくて、まるでカボチャのスープのようにとても美味しいですね
このような嬉しいコメントを頂きました。


人参も有機堆肥で20年も作られているとその畑には、自然と有機の栄養分が毎年蓄積されて肥沃な土になってゆきます。
当然その畑で栽培された野菜は、その栄養を吸い上げて育ち、美味しくなり又、自然な堆肥はとても身体に良いのです。

反対に科学肥料を主体に畑を作ると、化学肥料の栄養文は水と共に流れてゆき、畑には肥料としての栄養は蓄積されませんし、長年この農法で作ると反って土が痩せゆくので、野菜を生育さすために多くの化学肥料を畑に入れるので、益々悪いほうになり、畑にも人体にも悪い循環となります。


当店では、有機野菜の味を最大限に生かすように調理を心がけて、極力有機野菜の栄養分の含ませたスープに仕上げます。

最終的には、人参もまるでカボチャのような味かするスープになります。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 14:04Comments(0)一皿に賭ける想い

2011年02月07日

春の創作料理 その4

伏見店の創作料理を先日からスタッフが試作していましたが、ようやく各自の完成して味の試作になりました。

★春野菜とチーズを包んだハンバーグ
春らしく新玉・新ポテト・アスパラを添えての1品




★新玉ネギのミンチ包みスープ煮
新玉ネギの旨みとミンチからの味か相まってとても美味しく出ています。




★春サワラソテーと春野菜のソース
はるが旬のサワラを使って魚は美味しいのですが、春野菜のソースがいまひとつ
魚と合っていなく残念な1品でした。





★桜鯛の南蛮漬けに新玉ネギを添えてオリジナルソースで

いまひとつ春らしい野菜を細く刻んで魚に敷くとボリューム感が
出来て良いと想われた1品でした。


  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 13:41Comments(0)料理の面白さ

2011年02月06日

スープハンバークとサラダ

当河原町店の春の創作利料理として2月7日月曜よりスタッフの手作りメニューが登場します
 (春キャベツのスープハンバークとサラダ・・・¥950)

調理方法
1.玉ネギを弱火てあめ色にまで炒めると、甘味が出てきます、

2.そこに鶏がらと野菜を長時間に煮込んだブイヨンと春キャベツを加えてスープにします

3.ハンバーグを.焼き上げて更に上記のスープを加えて、少し煮込めば出来上がります。


4.スープもハンバーグからの旨みと相まって、ハンバーグも更に2倍の美味しさとなってお口の中に広がります

★サラダもハンバークと同じグラム数が添えられているので栄養バランもよくて、スープには、キャベツ・玉ネギ・鶏がらからにじみで出来たビタミン・カルシュームなどが、身体にもよくて優れたメニューです。




  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 00:33Comments(0)料理の面白さ

2011年02月04日

彼にガトー・ショコラを送る

昨日、遠距離恋愛中の女性のお客様より、彼が甘いものが大好きなので、サンチョで食べた自家製手作りのガトー・ショコラが美味しいかったので宅配して欲しいとのご注文が入りました。


★本日、バレンタィデーの当日にお届けできるように手配しました。

宅配へのご案内はコチラです


美味しいものには、たとえケーキでも遠距離なんて関係ありませんね

  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 13:33Comments(0)お店の色々なお話

2011年02月03日

伏見の清酒きき酒開催 №.3

前回より続き
恒例の伏見地区の酒造メーカー10数社が一同に集まり開催します
新酒の披露を兼ねて利き酒会と蔵元イベントが同時に3月19日(土)9時30分より午後4時まで開催されます。
チケットがないと利き酒会には参加できませんのでご注意下さい


★チケットは御香宮神社が交通の便で一番最適と想われますが限定700名なのでお早くお買い求め下さい、昨年は、早い目に完売されたそうです。

  チケットが売り切れの節には、下記の酒造りメーカの工場で無料と有料の利き酒が体験できます。
   いずれも当店より5分より10分のところにあります。
蔵元イベントの利き酒の5つの会場のご案内 
1.北川本家    :利き酒コーナでは、新酒絞りたて生源酒、特別製品・物販・おでん・辻農園朝取り野菜
         午前9時~午後3時まで
      ℡  :075-611-1271
当伏見店のメニューには、北川本家さんの、はないちりんがあります



2 松本酒造   :生原酒の試飲とライブ、ジョ岡田さんによるサムライショー・酒粕・お猪口の
         お土産あります。
         午前10時~午後3時まで
      ℡  :075-611-1238
当伏見店のメニューには、松本酒造さんの、桃のしずくがあります


3 齋藤酒造   :蔵見学、しぼり立て生原酒販売、生演奏有り
         午前10時~午後3時まで
      ℡  :075-611-2124

        
4.増田徳兵衛酒造 :各種新酒の販売有料試飲・酒かす・おにぎりの販売
          午前10時~午後3時まで
      ℡  :075-611-5151

5.藤岡酒造    :新酒販売と有料試飲・酒かすの販売
         午前10時~午後3時まで
     ℡  :075-611-4666
  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 13:47Comments(0)お店の色々なお話

2011年02月01日

春の創作料理 その2 サンチョ河原町店

前回より続き

スタッフが1品毎創作した、料理を持ち寄り其の作品を皆で試食し、優秀な作品をこの春のメニューとして提供しますが、この作品を作るのにスタッフは、毎回頭を悩ますようです。

№・2位
春とは言えまだ寒いことを想定して、スープ系の作品が必要とも言われていたので、その線に沿った作品を作りました。

ハンバーグをメインにスープも召し上がれることでそのスープには、トマトソースにオリジナルのカレーを利かせた作品に仕上げました。

・・・・カレー味がきつくてハンバーグの旨みが消えており。少し工夫の要る一品でした。



№当3
当店にはパスタのメニューが無いのでそのパスターと豚肉を組み合わせた作品にトマトソースに粒マスタードを加えて作りました。

・・・・・・・・ 味かいまいちピント来ることが無い作品で、もう少し春らしい野菜も有れば良いと想った1品です。




№.4
調理場の仕込みスペースと簡単に出来る料理ですが、ソースに一工夫を加えてオリジナル作品として作りました。

豚肉のソテーに春のアスパラを添えて練りゴマソースで召し上がる一品です。
・・・・・・味も見た目もいまひとつ工夫の要る作品で、もう少し改良の要る料理に内容でした。



  


Posted by サンチョ、気まぐれ日記 at 10:51Comments(0)料理の面白さ